1. HOME
  2. 概要
  3. 理念・目的

概要

ABOUT

1.国際文化研究科の理念・目的

東北大学大学院国際文化研究科 (Graduate School of International Cultural Studies) は、平成5年(1993年)4月1日、東北大学の全学的改革の一環として、本学における最初の独立研究科として設立されたものである。本研究科の設置目的は、国際的な地域文化、文化交流及び言語文化に関する学際的かつ総合的な教育・研究を行い、国際化の進展に対応して我が国の内外で活躍し、国際貢献を担いうる優れた人材を養成することにある。

経済活動の国際化や国家を超えた大規模な人的交流の進展は、人々の国際的な相互理解を深めるプラス面とともに、時として、地域や国家間の深刻な文化的・経済的な摩擦や対立を招きかねないというマイナスの面をも含みもっている。国際的な種々の摩擦や対立は、関係諸国間の人々の言語や思考様式の違いばかりではなく、歴史や文化、宗教、自然観などに対する無理解に起因している場合も多く、それが嵩じたときには、紛争や混乱にまで発展しかねない。不幸なことに、現在でも、宗教的・文化的不寛容や無理解に起因する民族紛争や地域紛争が後を絶たない。世界がますますグローバル化・ボーダレス化していく21世紀にあって、我が国がより質の高い国際的交流・協力を築いてゆくためには、諸外国の言語や文化、歴史の理解はもとより、国際的な交流や協力の意義、それに内在する諸問題をも深く理解し、かつ高度の専門的知識を有する研究者や実務者を養成することが根本的に重要な課題となっている。本研究科は、そのような見地から教育研究を行い、狭い専門分野に閉じこもらない創造的な研究者を育成すると同時に、幅広い視野に立つ国際性を身につけた高度専門職業人を養成することを目指していかなければならない。

高度情報化に伴う国際化の時代にあって、世界は文化的にも経済的にも急速に一体化する傾向を露にしている。各地域の文化は、それに固有な歴史を背景として形成・発展し、独自の文化的特徴を持ちながらも、多文化間の相互交流を通じて自他の文化を融合させ、変容を遂げていく。このように変容した文化を「国際文化」と呼ぶならば、「国際文化」研究とは、「各地域文化の形成・発展・交流についての過去、現在、未来を現代における国際的一体化の視点から総合的・学際的に考察する学問分野である」と定義されうる。文化の定義はきわめて多義的であり、言語や宗教、思想、文学、芸術はもとより、歴史や社会、自然観、科学・技術、経済諸活動、教育、生活様式まで包含されよう。しかし、国際文化研究はそうした個々の問題を単に個別の事実としてとらえるだけではなく、世界の様々な地域に生活する人々の生き方や行動様式に、そうした個々の問題がどのような影響を与え、どのような文化を形成するのに役立ったかなど、現代につながる問題意識と総合的・学際的視点から考察し、文化の多様性・独自性とともに普遍性・共通性を探り、文化の本質的理解を目指さなければならない。複合的あるいは重層的な構造を持つ国際文化の研究には、人文・社会・自然科学の諸分野に対応する個別専門分野の伝統的な方法論や概念といった枠組みを超えた、新しい学問の思考法、総合的な視野が必要なのである。

学問としての「国際文化」研究は今だ萌芽的な研究段階にある。国際文化研究科は、21世紀現代世界において求められている地域文化・言語・社会構造の解明、異文化間の相互理解、人類の恒久的平和共存のあり方、地球規模の環境・資源問題の解決などの実践的諸課題に応えるためにも、その理論的枠組みを科学的に追及し、常に変容していく国際文化の諸相を的確に捉えることができる新しい学問の確立を目指さなくてはならない。

2.ディプロマ・ポリシー

博士課程前期2年の課程

大学院国際文化研究科では、次に掲げる目標を達成した学生に修士の学位を授与する。
①幅広い学際的視野をもち、文理融合の立場からの教育を通して得られる専門的な知識・技能に基づい
て、独創的な研究を遂行する能力や高度に専門的な職業に就くことのできる能力を有している。
②高い倫理観と責任感をもって、グローバルな社会が要求する広範なニーズに対して学術的に貢献し、
社会全体の発展に寄与することができる。
③世界水準の研究内容の受信と発信に不可欠な優れた国際的視野とコミュニケーション能力を有し、幅
広い教養と総合的で実践的な問題解決能力を身につけ、それらを学術研究や高度に専門的な職業に活
かすことができる。

博士課程後期3年の課程

大学院国際文化研究科では、次に掲げる目標を達成した学生に博士の学位を授与する。
①豊かな学識と高度な専門的知識・技能に基づいて、専攻分野において自立して独創的な研究を遂行し
指導できる能力、又は高度に専門的な職業に従事できる卓越した能力を有している。
②高い倫理観と責任感をもって、グローバルな社会が要求する広範なニーズに対して高度な学術的貢献
ができ、社会全体の発展に大きく寄与することができる。
③国際水準の高度な研究内容の受信と発信に不可欠な優れた国際的視野とコミュニケーション能力を
有し、幅広い教養と総合的で実践的な問題解決能力を身につけ、それによって国内外における当該分
野の研究を先導すること、または高度に専門的な職業のリーダーとして当該職域を牽引することがで
きる。

3.カリキュラム・ポリシー

博士課程前期2年の課程

大学院国際文化研究科では、ディプロマ・ポリシーで示した目標を学生が達成できるよう、以下の方
針に基づき教育課程を編成・実施する。
①研究教育の方法を(1)学生の研究題目に即した「個別的指導」、(2)総合演習科目における講座教員チ
ームによる「総合的指導」、(3)各種研究発表会における研究科全教員による「全体的指導」に整理し、
その適切な組み合わせによるきめ細かい指導体制を実現する。
「全体的指導」の可視的形態として、学位論文作成の年度ごとの進行をプログラムとして明示し、
学生の問題解決能力やプレゼンテーション能力の向上を促進する「学位授与促進プログラム」を実施
する。
②キャンパスの内外を問わず、研究上の高い倫理観を養うために「研究のための倫理」を日本語と英語
両方で開講する。
③共通科目として、外国人留学生が研究を推進する能力を獲得するための「研究のための日本語スキル」、
英語の高度な運用能力の育成を図り、研究上必要な英語による情報検索・データ整理・論文執筆・研
究発表等の技能を高めるための「研究のための英語スキル」を開講する。
④英語による学位コースとして「言語総合科学コース」を設置し、世界水準の授業をすべて英語で提供
し、言語学、心理学、情報科学、脳科学などの多面的な視点からの言語研究と教育を促進する。
同じく英語による学位コースとして「グローバルガバナンスと持続可能な開発プログラム」を設置
し、ガバナンス、環境、開発などに関わる問題の構造理解と解決策の立案に資する教育・研究を英語
で行う。これを通じて、国内外において、社会の発展に貢献できる人材の育成を図る。
⑤授業評価アンケートを毎学期末に実施し、学生のニーズを的確に把握するとともに次学期における授
業の質的向上に供する。
⑥研究指導の成果を年度末の「学生指導記録」等により集約し、より質の高い研究指導に供するととも
に、修士論文または特定の課題に基づいて研究成果の審査及び試験を適切に実施する。

博士課程後期3年の課程

大学院国際文化研究科では、ディプロマ・ポリシーで示した目標を学生が達成できるよう、以下の方
針に基づき教育課程を編成・実施する。
①「学位授与促進プログラム」に基づき、論文作成等に係る個別的・総合的・全体的研究指導体制を提
供し、豊かな学識と専攻分野に関する高度な専門的知識および優れたプレゼンテーション能力の獲得
を促進する。
②ワールドクラスの研究遂行に求められる高い倫理観やリーダーシップを育む機会、および国内外で最
先端の研究成果に学ぶ場を提供する。
③学修成果の評価基準を明示するとともに、博士論文および課題研究業績等に基づいて研究成果の審査
及び試験を適切に行う。

4.アドミッション・ポリシー

東北大学大学院国際文化研究科は,(1) 国際的視野に立った日本や世界の多様な地域文化,(2) 環境や資源等をめぐる地球規模の諸課題や人類が共存しうる持続可能な社会および(3) 国際社会の基層を支える言語の3分野に関する高度な専門的知識,明確な問題意識,それらを支える国際的かつ学際的思考・分析力および高度な外国語運用能力を有し,人類の文明と文化の継承・発展に寄与するという高い理想を具え,豊かな教養と国際感覚を兼備したグローバルに活躍しうる専門職業人や教員・研究者を育成することを教育上の目標とします。こうした教育目標のもと,本研究科は柔軟な思考力と広範な学識および高度な語学力を備え,国際舞台で活躍する創造的な研究者または専門職業人になろうという明確な目的意識を有している人を求めます。
学生の受け入れにあたっては,一般選抜,外国人留学生海外出願特別選抜,進学者選抜(博士課程後期3年の課程のみ),グローバルガバナンスと持続可能な開発プログラム入試および言語総合科学コース入試の枠を設けて入学試験を実施し,上記の教育理念・目標に沿った研究を行うために必要な高い能力と資質を備えているか否かを重視して選抜を行います。
(博士課程前期2年の課程)
一般選抜試験では,専門的知識と研究で必要とされる外国語運用能力を評価する筆記試験および志望動機や研究計画等を評価する面接試験を行い,これらをほぼ同程度の比重で評価して選抜を行います。
外国人留学生海外出願特別選抜試験では,出願書類と面接試験により,出身大学からの推薦をうけた志願者に対して専門的知識,論理的思考力と文章表現力,研究計画と研究意欲等を審査し,これらをほぼ同程度の比重で評価して選抜を行います。
グローバルガバナンスと持続可能な開発プログラム入試では,提出された出願書類の審査および面接試験により,英語コースでの修学に必要とされる高い英語運用能力および今日的な社会課題に対する研究意欲,思考能力と実践的課題設定能力等をほぼ同程度の比重で評価して選抜を行います。
言語総合科学コース入試では,提出された出願書類の審査および面接試験により,英語コースでの修学に必要とされる高い英語運用能力および言語科学研究に必要とされる専門知識と学際的思考能力等をほぼ同程度の比重で評価して選抜を行います。
なお,入学前に講座・プログラム・コースに応じた基本的な専門的知識,基礎的な外国語運用能力および論理的な文章構成力を身につけておくことを希望します。
(博士課程後期3年の課程)
一般選抜試験では,修士論文の評価,高度な専門的知識と研究で必要とされる外国語運用能力を評価する筆記試験および志望動機や研究計画等を評価する面接試験を行い,これらをほぼ同程度の比重で評価して選抜を行います。
外国人留学生海外出願特別選抜試験では,出願書類と面接試験により,出身大学からの推薦をうけた志願者に対して高度な専門的知識,研究遂行能力,研究計画と研究意欲等を審査し,これらをほぼ同程度の比重で評価して選抜を行います。
進学者選抜では,修士論文の評価,外国語試験および面接試験により,高度な専門的知識と研究で必要とされる外国語運用能力を審査し,これらをほぼ同程度の比重で評価して選抜を行います。
グローバルガバナンスと持続可能な開発プログラム入試では,提出された出願書類の審査および面接試験により,英語コースでの修学に必要とされる高い英語運用能力および今日的な社会課題に対する批判的思考能力と実践的課題解決能力等をほぼ同程度の比重で評価して選抜を行います。
言語総合科学コース入試では,提出された出願書類の審査および面接試験により,英語コースでの修学に必要とされる高い英語運用能力および言語科学研究に必要とされる高度な専門知識,実際的研究遂行能力,学際的分析能力等をほぼ同程度の比重で評価して選抜を行います。
なお,入学前に講座・プログラム・コースに応じた広範な専門的知識,高度な外国語運用能力および創造的な研究能力を身につけておくことを希望します。

5.特色

創造性に満ちあふれた人材の養成

本研究科は、人類社会が直面する様々な問題に立ち向かってゆくため、みずから新たな問いを立て、それに挑戦していくことのできる創造性に満ちあふれた研究者や職業人を養成しています。

世界を舞台に活躍できる人材の養成

本研究科は、様々な人々との交流を通じて豊かな体験を積み、十分なコミュニケーション能力を身につける場を提供することを通して、世界を舞台に活躍できる優れた人材を養成しています。

世界と地域に開かれた研究科

本研究科は、世界と地域に開かれた研究科として、社会人・外国人留学生を含む優れた人材の発掘につとめ、個々の学生の研究学習条件に配慮した支援態勢の整備を進めています。

挑戦者精神の尊重

本研究科は、内外の様々な学部や研究科を修了した優秀な学生を受け入れています。新たな学問分野にこれから挑戦していこうとする意欲にあふれた学生にも十分配慮した指導を行っています。