G2SD-SDGs
Workshop

グローバルガバナンスと持続可能な開発-SDGsワークショップ

photo: Gabriel Garcia Marengo

Next workshop

第5回G2SD-SDGsワークショップ

Lessons from Japan’s 3/11 Disasters

Daniel P. Aldrich 氏

ノースイースタン大学政治科学部教授・学部長

2011年の東日本大震災で被災した沿岸地域では、襲来した津波高が高い地域ほど 死亡率が高くなるわけではなく、地域ごとに違いが見られます。また、復興事業 の進み具合も地域ごとに違いが見られます。本講演では、定性的および定量的な データを用いて、これらの原因を考察するとともに、今後の防災対策に向けた提 言を行います。

日 時: 2019年3月19日(火) 16:30〜18:00
場 所: 東北大学川内北キャンパス マルチメディア棟 6階大ホール
〒980-8576 仙台市青葉区川内41 仙台市営地下鉄東西線「川内駅」下車
(地図)
http://www.intcul.tohoku.ac.jp/contact/acces.htm
主 催: 東北大学大学院国際文化研究科
共 催:東北大学災害科学・安全学国際共同大学院プログラム
参加費: 無料
定 員: 約30名 ※定員に達し次第、申込みを締め切らせて頂きます。
使用言語:英語
チラシ: http://www.intcul.tohoku.ac.jp/g2sd/docs/20190319_G2SD_WS.pdf

講師略歴
Daniel P. Aldrich
専門は、政策科学。米ハーバード大学よりPh.Dを取得後、2015年より現職。Fulbright Specialist Award、 APSA Public Policy Section Best Paper Award 2012、Mellon Grand Challenge Exploratory Award、Akiyama Award, Harvard Program on US-Japan Relationsなど受賞多数。

参加申し込みページへ
第4回G2SD-SDGsワークショップ

国際協力分野で活躍できる人材育成を目指して
〜踊り子として奮闘した25年間を振り返る〜

藤原 章正 氏

広島大学大学院国際協力研究科開発技術講座教授

2019年2月6日(水) 16:30〜18:00
川内北キャンパス国際文化研究棟1階会議室

交通工学の第一人者であり、長年、国内外での人材育成に貢献されてきた藤原章正氏を講師としてお迎 えし、国際協力で活躍できる人材育成のための大学での教育について論じます。

1994年に広島大学に設立した独立大学院の国際協力研究科も今年で四半世紀を迎えます。文理融合・学際分 野の教育研究拠点として、これまでに2,000名を超えるグローバル人材を、途上国を中心に輩出してきまし た。本講演では、この間「踊り子」として奮闘してきた過程と結果を省察し、SDGsのもとに知識集約型社会 が到来する時代において、今後の大学院の教育の在り方について考察します。

日 時: 2019年2月6日(水) 16:30〜18:00
場 所: 東北大学川内北キャンパス国際文化研究棟1階会議室
〒980-8576 仙台市青葉区川内41 仙台市営地下鉄東西線「川内駅」下車
(地図)
http://www.intcul.tohoku.ac.jp/contact/acces.htm
主 催: 東北大学大学院国際文化研究科
共 催:東北大学災害科学・安全学国際共同大学院プログラム
参加費: 無料
定 員: 約30名 ※定員に達し次第、申込みを締め切らせて頂きます。
使用言語:日本語
チラシ: http://www.intcul.tohoku.ac.jp/g2sd/docs/20190206_G2SD_WS.pdf

講師略歴
藤原 章正 (ふじわら あきまさ)
岡山県赤磐市生まれ。広島大学工学部卒、広島大学工学研究科博士課程修了、博士(工学)。 呉工業高等専門学校助手、広島大学助手、同助教授を経て、2002年より同教授、現在に至る。 専門は、交通工学。交通工学研究会論文賞、Outstanding Paper Award of The Eastern Asia Society for Transportation Studies、 2014 ITS World Congress Best Paper Award など受賞多数。

第3回G2SDワークショップ

日本経済の現状と課題 〜『平成30年版経済財政白書』を読み解く〜

室伏 陽貴 氏

内閣府 政策統括官(経済財政分析担当)付参事官(総括担当)付参事官補佐

2018年12月14日(金) 18:00〜19:30
川内南キャンパス中講義棟(文学部第2大講義室)

本格的な少子高齢化の到来や第四次産業革命の劇的な潮流の中で、私たちは日本経済の展望をどう捉え、どのように舵を取るべきなのでしょうか?「人生100年時代」の人材と働き方、「Society 5.0」に向けた対応はどうあるべきでしょうか?内閣府から経済財政白書の執筆担当者である室伏氏を招き、『平成30年版経済財政白書』を読み解きながら、日本経済の現状と課題について論じます。

日 時: 2018年12月14日(金) 18:00〜19:30
場 所: 東北大学川内南キャンパス中講義棟(文学部第2大講義室)
〒980-8576 仙台市青葉区川内41 仙台市営地下鉄東西線「川内駅」下車
(地図)
https://www.tohoku.ac.jp/japanese/profile/campus/01/kawauchi/areac.html
※第2回までと場所が違いますのでご注意下さい。
主 催: 東北大学大学院国際文化研究科
共 催:東北大学文系URA室(文学研究科、教育学研究科、法学研究科、経済学研究科)
参加費: 無料
定 員: 約70名 ※定員に達し次第、申込みを締め切らせて頂きます。
チラシ: http://www.intcul.tohoku.ac.jp/g2sd/docs/20181214_G2SD_WS.pdf

講師略歴
室伏 陽貴  (むろふし はるたか)
内閣府 政策統括官(経済財政分析担当)付参事官(総括担当)付参事官補佐
慶應義塾大学経済学部卒業、英ウォーリック大学経済学修士課程修了。2001年内閣府入府。以降、大臣官房総務課、英国留学、在タイ日本国大使館一等書記官、政策統括官(経済財政運営)付参事官(経済対策・金融担当)付参事官補佐、企画調整課課長補佐などを経て現職。

第2回G2SDワークショップ

リベラルな経済秩序の危機

和田 洋典 氏

青山学院大学 国際政治経済学部 准教授

2018年7月20日(金) 16:00〜17:30
国際文化研究棟 1階会議室

第二次世界大戦後以来,アメリカはGATT・ブレトン・ウッズ体制を設け,G7下の政策協調を主導するなど,自由主義的な経済秩序の構築と維持に大きな役割を果たしてきた。しかし,現トランプ政権下ではそのアメリカがむしろ自ら築き上げた秩序を否定し,損なうかのような姿勢を見せている。世界はこうした状況に如何に対処すべきなのか。一帯一路,AIIB,NDBなどを推進する中国に新秩序の構築を期待すべきなのか。或いはトランプ後を待つしかないのか。今講演では国際政治経済の歴史を振り返りながら現在の危機への対処について考えてみたい。

日 時: 2018年7月20日(金) 16:00-17:30
場 所: 東北大学川内北キャンパス 国際文化研究棟 1階会議室
〒980-8576 仙台市青葉区川内41 仙台市営地下鉄東西線「川内駅」下車
(地図)http://www.intcul.tohoku.ac.jp/contact/acces.html
主 催: 東北大学大学院国際文化研究科,東北大学災害科学・安全学国際共同大学院プログラム
参加費: 無料
定 員: 約30名 ※定員に達し次第、申込みを締め切らせて頂きます。
チラシ: http://intcul.tohoku.jp/g2sd/docs/20180720_G2SD_WS.pdf

講師略歴
和田 洋典  (わだ ひろのり)
総務省、在上海総領事館、一橋大学大学院法学研究科特任講師等を経て現職。LSE国際政治経済学修士、一橋大学大学院法学研究科博士後期課程修了(法学博士)。専門は国際政治経済学、比較政治経済学。

第1回G2SDワークショップ

地球温暖化政策のゆくえ 〜脱炭素社会の実現に向けて〜

岡崎 雄太 氏

上智大学地球環境学研究科准教授,  環境省職員

2018年3月20日(火) 15:00〜16:30
国際文化研究棟 1階会議室

近年、異常気象など地球温暖化の影響が顕在化しています。2015年に採択されたパリ協定では、今世紀後半に世界のCO2排出量をほぼゼロとする目標が合意されました。第1回グローバル・ガバナンスと持続可能な開発(G2SD)ワークショップでは、環境省で政策立案の最前線で活躍されてきた岡崎雄太氏を講師として迎え、地球温暖化政策のゆくえについて論じます。地球温暖化の科学や国際交渉の進展を振り返るとともに、今後、脱炭素社会の実現に向けて、エネルギー・経済・交通インフラから私たちの暮らしまで、社会経済システムの抜本的な転換が求められるなか、どのような政策を立案し、実現していくべきかについて考えていきます。

日 時: 2018年3月20日(火) 15:00〜16:30
場 所: 東北大学川内北キャンパス 国際文化研究棟 1階会議室
〒980-8576 仙台市青葉区川内41 仙台市営地下鉄東西線「川内駅」下車
(地図)http://www.intcul.tohoku.ac.jp/contact/acces.html
主 催: 東北大学大学院国際文化研究科
参加費: 無料
定 員: 約30名 ※定員に達し次第、申込みを締め切らせて頂きます。
チラシ: http://www.intcul.tohoku.ac.jp/g2sd/docs/20180320_G2SD_WS.pdf

講師略歴
岡﨑 雄太  (おかざき ゆうた)
上智大学地球環境学研究科准教授、環境省職員
神奈川県鎌倉市出身。1999年慶應義塾大学総合政策学部卒、2006年ジョージタウン大学公共政策学修士号取得。1999年、環境庁(当時)に入庁し、大気汚染、気候変動等の政策立案に従事。2015年9月から現職(環境省を研究休職中)。米国留学中にはCenter for Climate and Energy Solutionsにおいてインターンとして政策立案や広報戦略づくりに従事。2010~2013年には在中華人民共和国日本国大使館へ出向し、中国の環境問題・政策の分析、協力プロジェクトづくりを担当。

G2SDワークショップに関するお問合せ

国際文化研究科グローバルガバナンスと持続可能な開発プログラム担当
g2sd@* (*はintergreen.jpです)

Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google