学生生活

13.募集

2022年度

2022.6.21 東北大学ビジネスアイディアコンテスト2022開催のお知らせ
事前説明会の申込受付中です。
詳細はこちらをご覧ください。
2022.5.24 国際交流バディ・パートナー募集!※来週の水曜日6/8〆切です!!
東北大学グローバルラーニングセンターでは、この夏、海外の協定校等からの留学生を対象に受入れショートプログラム「TUJP(Tohoku University Japanese Program)」をオンライン・対面で実施します。
海外からの参加者とオンラインまたは対面で国際交流して、国内にいながらグローバルな力を磨いてみませんか?
詳細は以下のURLまたは添付のチラシをご確認ください。
イベント情報詳細:
https://www.insc.tohoku.ac.jp/japanese/application/47035/
■ 募集説明会をonlineで実施します。お気軽にご参加ください!
日時:5月27日(金)12:10~12:50
■ 応募締め切り
2022年6月8日(水)
応募説明会・申込・オリエンテーションの参加は、「TUJPバディ・パートナー募集」のGoogle Classroom (Class Code : yrb5wqd)からお願いします。
■ 問い合わせ先
東北大学グローバルラーニングセンター 新見有紀子
shimmi@tohoku.ac.jp

2022 Summer TUJPバディ・パートナー募集チラシ

2021年度

2022.2.8 坪井一郎・仁子学生支援プログラムオンライン報告会の案内 / Information on the Online Debriefing Session for the Ichiro/Jinko Tsuboi Student Support Program (*This event will be held in Japanese.)
参加希望される方は下記をご覧の上、直接お申込みください。/ If you are interested in participating, please see below and apply directly.
チラシ
2022.1.21 仙台市市政モニターの募集について / Recruitment of Sendai City Government Monitors (*Japanese language skills are required.)
下記募集チラシをご覧の上、希望される場合には直接お申込みください。 / Please refer to the information as below and apply for this directly.
R4仙台市市政モニター募集チラシ
2022.1.12 国際交流バディ・パートナー募集! / International exchange buddy/partner recruitment!! (*Japanese language skills are required.)  ※引き続き募集中です!!
東北大学グローバルラーニングセンターでは、留学生受入れショートプログラム「TUJP(Tohoku University Japanese Program)」Intermediate(2月7日~2月18日)のバディ・パートナーを募集しています。
Tohoku University Global Learning Center is recruiting buddy partners for the international student short program “TUJP (Tohoku University Japanese Program)” Intermediate (February 7 – February 18). For more details, please see below. (*Japanese language skills are required.)
今回の参加留学生は中~上級の日本語能力を持っている学生ですので、東北大生の皆さんには、主として日本語でのサポート活動を行っていただきます。
留学生の行き来が限られる中、海外の学生と国際交流してみませんか?
詳細は以下のURLまたは添付のチラシをご確認ください。
イベント情報詳細:
https://www.insc.tohoku.ac.jp/japanese/application/44089/
■ 募集説明会をonlineで実施します。お気軽にご参加ください!
日時:1月17日(月)12:10~12:50
■ 応募締め切り
2022年1月24日(月)
応募説明会・申込・オリエンテーションの参加は、「TUJPバディ・パートナー募集」のGoogle Classroom (Class Code : yrb5wqd)からお願いします。
■ 問い合わせ先
東北大学グローバルラーニングセンター 新見有紀子
shimmi@tohoku.ac.jp

2022.1.19 外務省セミナー「学生と語る」のご案内 / Ministry of Foreign Affairs Seminar, “Talking with Students” (*Language:Japanese.)
外務省や外交官の仕事を知り、日本の外交政策や国際情勢等に対する関心、理解を深めることを目的に毎年開催されています。
詳細は上記より確認の上、参加希望者は各自お申込みください。
The purpose of this annual event is to learn about the work of the Ministry of Foreign Affairs and diplomats, and to deepen interest in and understanding of Japan’s foreign policy and international affairs.
For more details, please refer to the above and apply by yourself if you like to participate.

2022.1.18 第9回SDGS-IDセミナー / SDGS-ID seminar #9 (*Language:Japanese.)
学生の皆さん(English follows)
お世話になっております。
感染症共生システムデザイン学際研究重点拠点 事務局です。
第9回SDGS-IDセミナーを下記にて開催いたします。

1月のテーマは「感染症」×「工学」です。
今回は、「環境疫学の新展開」と題し、メディアでも注目されている下水を利用した疫学的調査に基づく早期ウイルス検出方法並びに流行予測等について本学工学研究科の佐野大輔教授、北海道大学大学院工学研究院の北島正章准教授をお招きし、お話しいただきます。(講演要旨は下記参照)
みなさま、ぜひご参加ください。

登録締切:2022年1月27日(木)15:00

<第9回SDGS-IDセミナー(旧SDGS-ID若手の会)>

【開催日時】 2022年1月28日(金)12:00-13:30
【開催方法】Zoom
【言語】日本語
【テーマ】「感染症」×「工学」-環境疫学の新展開-
【講師】 東北大学大学院工学研究科 教授 佐野大輔
北海道大学大学院工学研究院 准教授  北島正章

<プログラム>
12:00-12:05 オープニング
12:05-12:25 講演1
「下水疫学による新型コロナウイルス感染症の流行把握と変異株の早期検知」
(Wastewater-based epidemiology for understanding the prevalence of COVID-19 and early detection of variants)
北海道大学大学院工学研究院 准教授  北島正章

12:25-12:45 講演2
「下水調査結果に基づく新型コロナウイルス感染陽性者数1週間予測」
(Weekly prediction of SARS-CoV-2 infection number based on wastewater monitoring results)
東北大学大学院工学研究科 教授 佐野大輔

12:45-13:20 質疑応答
13:20-13:30 ラップアップ

【参加登録】下記フォームに必要事項を記載の上お申し込みください。
https://forms.gle/29opXG7B8GbDt5d79

【登録締切】2022年1月27日(木)15:00迄

〇問い合わせ 感染症共生システムデザイン事務局
sdgs-id@med.tohoku.ac.jp
〇拠点Website:http://www.sdgs-id.med.tohoku.ac.jp/base/index.html

<講演概要>

〇講演1「下水疫学による新型コロナウイルス感染症の流行把握と変異株の早期検知」
下水中の新型コロナウイルスを分析することで、集団レベルの感染状況を把握する下水疫学調査の実用化が期待されている。本講演では、我々が開発した下水中ウイルスRNAの高感度検出技術を用いた都市下水や東京五輪・パラ選手村などでの調査に基づく下水疫学による流行把握と変異株早期検知の研究成果について紹介する。

〇講演2 「下水調査結果に基づく新型コロナウイルス感染陽性者数1週間予測」
新型コロナウイルス感染者の一部は排泄物中にウイルスを排出していることから、感染者数が増加してくると、トイレからの汚水を含む下水中から新型コロナウイルス
遺伝子を検出することが可能となる。
本講演では、下水中新型コロナウイルス検出結果を用いて、感染陽性者数を予測する機械学習モデルと、予測情報の発信方法について紹介する。

【SDGS-ID seminar #9】

Language:Japanese

[Date and Time] Jan. 28(Fri), 2022, 12:00-13:30
[Method] Zoom
[Language] Japanese
[Theme] “Infectious Diseases” × “Engineering” -New Frontiers in Environmental Epidemiology
[Lecturer] Daisuke Sano, Professor, Graduate School of Engineering, Tohoku University
Masaaki Kitajima, Associate Professor, Graduate School of
Engineering, Hokkaido University

12:00-12:05 Opening
12:05-12:25 Lecture 1
“Wastewater-based epidemiology for understanding the prevalence of COVID-19 and early detection of variants”
Masaaki Kitajima, Associate Professor, Graduate School of Engineering, Hokkaido University
12:25-12:45 Lecture 2
“Weekly prediction of SARS-CoV-2 infection number based on wastewater monitoring results”
Daisuke Sano, Professor, Graduate School of Engineering, Tohoku University
12:45-13:20 Q&A session
13:20-13:30 Wrap-up

[Registration]: Please fill out the form below to register.
https://forms.gle/29opXG7B8GbDt5d79

[Deadline for registration]: Jan. 27( Thu.), 2022 15:00
[Contact] Secretariat of Symbiotic System Design for Infectious Diseases
sdgs-id@med.tohoku.ac.jp

Website: http://www.sdgs-id.med.tohoku.ac.jp/base/index.html

2022.1.12 (1/18開催)ナレッジフォーラム「コロナ禍における留学生と大学教育」/ (On Jan.18)Knowledge Forum “International Students and University Education in the Corona Disasters”
オックスフォード大学教授の苅谷剛彦JICA緒方研究所特別客員研究員と東京大学教授の高原明生JICA緒方研究所研究所長をスピーカーとしてナレッジフォーラム「コロナ禍における留学生と大学教育」を開催いたします。
参加希望者は以下のリンクよりお申込みください。Knowledge Forum “International Students and University Education in the Corona Disasters” will be hold with Prof. Tsuyohiko Kariya (Oxford University) and Prof. Akio Takahara (University of Tokyo) as speakers on January 18th, 2022. If you would like to participate, please click the link below to register. *The language used is Japanese, but there will be simultaneous interpretation in English.

https://www.jica.go.jp/jica-ri/ja/news/event/20220118_01.html

*参加申し込み締め切りは2022年1月17日(月)正午です。/ The deadline for registration is noon on Monday, January 17, 2022.

【フォーラム詳細】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「コロナ禍における留学生と大学教育~オックスフォード大学と東京大学の事例から」
◆背景・目的:
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大は、各国の社会生活や教育活動に甚大な影響を及ぼしていますが、大学もその例外ではありません。2020年4月時点で、コロナ禍にともなう高等教育機関の閉鎖により、全世界で約2.2億人の学生が教育の中断を余儀なくされ、その後、緊急避難的な教育方法としてオンライン授業が日本や世界で広範に実施されてきました。それに加え、国境を越えた人の往来が制限されたことで、新規に留学を予定していた学生も、留学の延期や中止、留学先の変更など、大きな影響を受けています。
本対談では、オックスフォード大学と東京大学のCOVID-19パンデミック下の教育の現状と課題について、それぞれの大学で教鞭を取る苅谷・高原両教授に語っていただき、ウイズコロナ・ポストコロナにおける留学および大学教育のあり方を議論します。
さらに、参加者の皆様からも、事前と対談実施中に質問をいただき、皆様の問題意識を踏まえたディスカッションとします。

◆開催日程:1月18日(火)16時~17時
◆形式:オンライン開催(Zoom)
◆対象:国内外(実務者、学術関係者、NPO・NGO、シンクタンク、学生)
◆言語:日本語(日本語から英語への同時通訳あり)
◆登壇者:苅谷剛彦JICA緒方研究所特別客員研究員(オックスフォード大学社会学科教授)
https://www.jica.go.jp/jica-ri/ja/experts/kariya-takehiko.html

高原明生JICA緒方研究所研究所長(東京大学大学院法学政治学研究科教授)
https://www.jica.go.jp/jica-ri/ja/experts/takahara-akio.html

モデレーター:萱島信子JICA緒方研究所シニア・リサーチ・アドバイザー
https://www.jica.go.jp/jica-ri/ja/experts/kayashima-nobuko.html

◆プログラム:
16:00-16:05 開会の挨拶、趣旨説明(牧本小枝 JICA緒方研究所主席研究員)
16:05-16:55 対談:COVID-19パンデミック下の大学は今~オックスフォード大学と東京大学の現状と課題~
苅谷剛彦 JICA緒方研究所特別客員研究員(オックスフォード大学教授)
高原明生 JICA緒方研究所研究所長(東京大学教授)
萱島信子 JICA緒方研究所シニア・リサーチ・アドバイザー(モデレーター)
16:55-17:00 閉会挨拶(萱島信子シニア・リサーチ・アドバイザー)

◆問い合わせ:JICA緒方貞子平和開発研究所(担当:荒井)
メール:ditas-rsunit@jica.go.jp

JICA国内事業部大学連携課

2021.12.28 (1/6開催)特別講義:世界の災害と人間の安全保障

日時:令和3年1月6日(木)14:40-17:50
場所:青葉山キャンパス 環境科学研究科本棟4階第1講義室
http://www.kankyo.tohoku.ac.jp/access.html
講演者:竹谷 公男 氏(JICA防災分野特別顧問、東北大学特任教授)
山田 正 教授(中央大学研究開発機構教授)

竹谷先生には国連仙台枠組み達成への世界の動きと途上国の現状に関する講演、山田先生には災害と社会に関してご講義頂く予定です。

2021.12.16 【開催案内】第8回SDGS-IDセミナー(感染症共生システムデザイン学際研究重点拠点)
学生のみなさん

感染症共生システムデザイン学際研究重点拠点 事務局です。
2021年5月より毎月開催しております「SDGS-ID若手の会(学内限定)」につきまして、年代を問わず、学内の皆様をはじめ、他大学の学生、教職員の皆様等にも広くご参画いただけるよう、名称を「SDGS-IDセミナー」と改め、公開で開催する運びとなりました。
引き続き、学際的な見地から、COVID-19 を取り巻く課題、最新の知見、研究成果等について発信して参ります。

12月のテーマは「感染症」×「情報」×「社会科学」です。(講演要旨は下記にあります)
みなさま、ぜひご参加ください。
登録締切:2021年12月23日(木)15:00

<第8回SDGS-IDセミナー(旧SDGS-ID若手の会#8)>

【開催日時】 2021年12月24日(金)12:00-13:30
【開催方法】Zoom
【言語】日本語
【テーマ】「感染症」×「情報」×「社会科学」
【講師】 東北大学大学院文学研究科 准教授 瀧川裕貴
東北大学大学院環境科学研究科 教授 中谷友樹

<プログラム>
12:00-12:05 オープニング
12:05-12:25 講演1「計算社会科学の手法によるCOVID-19研究」
(Computational Social Science and COVID-19)
瀧川裕貴(文学研究科 准教授)

12:25-12:45 講演2「地理情報科学によるCOVIDー19研究」
(Geographic Information Science and COVID-19 pandemic)
中谷友樹(環境科学研究科 教授)

12:45-13:20 質疑応答
13:20-13:30 ラップアップ

【参加登録】下記フォームに必要事項を記載の上お申し込みください。
https://forms.gle/pek9s2jaoNBQuKC98

【登録締切】2021年12月23日(木)15:00まで

〇問い合わせ 感染症共生システムデザイン事務局
sdgs-id@med.tohoku.ac.jp
〇拠点Website:http://www.sdgs-id.med.tohoku.ac.jp/base/index.html

2021.11.30 【開催案内】オンライン英語論文執筆セミナーのお知らせ(第3回)
URAセンターでは、研究力強化の一環として、毎年度、英語論文執筆セミナーを実施しております。
今年のオンラインセミナーでは、翻訳・校閲のプロの中山裕木子先生から、伝わりやすい英語、文章の流れ、辞書等の支援ツールの使い方などについて具体的かつ実践的なアドバイスを頂きます。

講師:中山裕木子先生
株式会社ユー・イングリッシュ代表取締役
公益社団法人日本技術英語協会 理事・専任講師
※2017年に日本テレビ『世界一受けたい授業』に2度出演。
※2021年9月15日発売新刊『シンプルな英語』(講談社 新書)好評発売中。

【スケジュール】
第1回 タイトルと論文アブストラクトの書き方
日時:10月11日(月)15:00-17:00
※配信内容は以下にて公開しております。
https://ura.tohoku.ac.jp/writingseminar/

第2回 英文ライティングの基礎トレーニング
日時:11月15日(月)15:00-17:00
※配信内容は以下にて公開しております。
https://ura.tohoku.ac.jp/writingseminar/

第3回 英文ライティングの応用トレーニング
日時:12月06日(月)15:00-17:00

【対象】
本学所属の学生及び教員
(特に若手の方のご参加をお待ちしております)

【定員】先着500名(定員になり次第打ち切り)
※説明及び質疑は日本語で行います
※プラットフォームはZoomを予定

【申込みについて】
事前に下記WEBサイトからお申込みください。
https://sites.google.com/tohoku.ac.jp/uracenterwritingseries2021/

【問い合わせ先】
研究推進・支援機構 URAセンター
助教・Marc Hansen(マーク・ハンゼン)
E-mail:hansen.marc.a6@tohoku.ac.jp

2021.11.18 【日本学国際共同大学院】第4回国際カンファレンスの開催について
標記の件について、以下のとおりオンライン及び対面にて開催いたします。

THE FOURTH TOHOKU CONFERENCE ON GLOBAL JAPANESE STUDIES
”PRECARITY IN AN INTER-CONNECTED NORTHEAST ASIA”

DATES AND VENUE
Date: 11-12 December, 2021
Venue: Online (Zoom)

LANGUAGE
English

REGISTRATION(登録締め切り12/4)
https://forms.gle/cpK39QQPpRLsXKY4A

参加登録者には後日ZoomのURLをお知らせいたします。

日本学国際共同大学院のホームページにも案内を掲載しておりますので、
以下よりご確認いただけます。
https://www.sal.tohoku.ac.jp/gpjs/conference/20211211.html

2021.11.18  東北大学男女共同参画セミナー「博士課程進学セミナー「SA OG・SA」編」のご案内
この度、本学大学院生・学部生向けの表題のセミナーを開催いたします。
本セミナーでは本学の自然科学系の大学院博士課程を修了後、大学や企業で活躍する若手の女性研究者から、
理系進路やお仕事の内容などについて伝えていただきます。
また、「東北大学サイエンス・エンジェル」3人より、博士後期課程への進学についてや、
日本学術振興会特別研究員の申請について、東北大学の学位プログラム等
研究を継続するための助成や支援情報をお話いただきます。
本セミナーを「ちょっと未来の自分」の姿を考えるきっかけにしてみませんか?
多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

———-
「博士課程進学セミナー「SA OG・SA」編」

≪プログラム内容≫
日時:11月25日(木)13:30~15:30(オンライン開催(Google Meet))

13:30-13:35 開会挨拶 永次 史(東北大学男女共同参画推進センター
副センター長、多元物質科学研究所 教授)
13:35-13:55 講演1 「「つなげる」プロフェッショナル
~研究支援人材としてのキャリア~」 高橋さやか 広報担当特任助教・URA
(生命科学研究科)
13:55-14:15 講演2 「自分らしさを軸に」 関 亜美 助教(工学研究科)
14:15-14:35 講演3 「女性技術者としての製造メーカー就職とは」 西島(旧姓
佐々木)香菜 氏(JFEスチール(株)棒線事業部 棒線商品技術部 仙台商品技術室
主任部員(副課長))
14:35-15:15 SAOGと現役SAによる進路等についてのパネルディスカッション
● 現役SAによる発表(各約5分)
大西 悠貴(情報科学研究科D2)  森 里美(歯学研究科D2) 内野
紗江佳(農学研究科D1)
● SAOGと現役SAとのパネルディスカッション(25分)
15:15-15:25 質疑応答
15:25-15:30 閉会挨拶 田中 真美(東北大学男女共同参画推進センター
副センター長、医工学研究科/ 工学研究科 教授)
———-

≪参加方法≫
ご参加可能な方は当日、以下のリンク先にログオンして下さい。
*****
「博士課程進学セミナー「SA OG・SA」編」

URL:https://meet.google.com/ueq-jiyw-ngd
*****

是非ご参加をお待ちしております。

詳細はTUMUGのウェブサイトからもご覧いただけます。
http://tumug.tohoku.ac.jp/blog/2021/11/16/21356/>

ポスター
https://www.youtube.com/watch?v=Nc6e8aU0BrU&authuser=0

2021.11.15   SDGS-ID 第1回公開セミナー
「新型コロナウイルスワクチンの期待と課題」(11/26開催)

皆様
*Please scroll down for the English version.

お世話になっております。SDGS-ID事務局です。
毎月学内限定で開催しております「SDGS-ID若手の会」ですが、
11月は、東北大学以外の大学生・教職員の皆様、ならびに一般の皆様
にも広くご参加いただけるよう、「公開セミナー」として開催いたします。

講師は当拠点の石井直人教授(医学系研究科)並びに押谷仁教授(拠点長・医学系研究科)
が務めます。
テーマは「新型コロナワクチン」です。
是非ご参加ください。
——————————————————–
SDGS-ID 第1回公開セミナー
「新型コロナウイルスワクチンの期待と課題」(11/26開催)

イベント概要:
東北大学感染症共生システムデザイン学際研究重点拠点(SDGS-ID)では
令和3年11月26日(金)に第1回公開セミナー「新型コロナウイルスワクチンの期待と課題」をオンライン開催します。
本拠点では、新型コロナウイルス感染症をはじめとする感染症と共生する社会を築くことをテーマに、
東北大学の多くの研究者が結集し、文理融合型の研究を展開しています。
第1回公開セミナーでは、免疫と感染症制御の専門家が社会の関心が高い
新型コロナウイルスワクチンへの期待と課題について講演します。
新型コロナウイルス感染症の現状や新型コロナウイルスワクチン3回目接種の必要性
と問題点などについて分かりやすくお伝えします。
ぜひご参加ください。

日時:令和3年11月26日(金)12:00〜13:30
会場:オンライン開催(Zoom Webinar)
定員:無料500名
申し込み締め切り:令和3年11月24日(水)
申し込み方法:下記Googleフォームに必要事項をご入力の上、送信してください。
お申し込みいただいた方に、参加URLをメールにてお送りいたします。
申し込み方法URL:https://forms.gle/wpNkGwPXYuPvQNFf8

<プログラム>
12:00-12:05 オープニング
12:05-12:25 講演1「新型コロナウイルスワクチンの効果と副反応」   石井直人(医学系研究科 教授)
12:25-12:45 講演2「新型コロナウイルスワクチンに何が期待できるのか」押谷 仁(医学系研究科 教授)
12:45-13:20 質疑応答
13:20-13:30 クロージング

問い合わせ先:
東北大学 感染症共生システムデザイン学際研究重点拠点事務局
電話番号:022-718-5091
Eメール:sdgs-id@med.tohoku.ac.jp

—————-
SDGS-ID Open seminar
【Expectations and Challenges of the COVID-19 Vaccines】
Language:Japanese

Dear Students

The Centre for Interdisciplinary Research on System Design of Inclusive Society with Infectious Diseases (SDGS-ID)
at Tohoku University will hold its first public seminar on November 26.

The theme of this online event will be “Novel Coronavirus Vaccines”.
Immunology and Infectious disease control experts from Tohoku University’s Graduate School of Medicine
will give short talks on the expectations and challenges of the COVID-19 vaccines, which are of great interest to society.

This is a Japanese language event. It is open to the general public, but registration is required.

Date and Time: November 26 (Fri), 12 noon – 1:30 p.m.
Venue: Online via Zoom
To register: https://forms.gle/wpNkGwPXYuPvQNFf8
Registration deadline: November 24

Programme:
12:00-12:05 Opening
12:05-12:25
-Lecture 1:
Professor Naoto Ishii, Department of Microbiology and Immunology, Graduate School of Medicine
Topic: Efficacy and adverse reactions of the COVID-19 vaccines
12:25-12:45
-Lecture 2:
Professor Hitoshi Oshitani, Department of Virology, Graduate School of Medicine, Director of SDGS-ID, Member of the Japanese Government Subcommittee on Novel Coronavirus Control
Topic: What can we expect from the COVID-19 vaccines?

12:45-13:20
-Q&A Session

13:20-13:30 Closing

For more information on SDGS-ID, please visit:
http://www.sdgs-id.med.tohoku.ac.jp/index.html

感染症共生システムデザイン学際研究重点拠点 第1回公開セミナーポスター(正式)

2021.9.24   2021年度後期TEA’s English学期内プログラム受講者の募集について

2021.9.10 【開催案内】9月17日(金)12:00開催:第5回SDGS-ID若手の会(学内限定)SDGS-ID Young Investigators’ Meeting # 5

学生のみなさん English follows

感染症共生システムデザイン学際研究重点拠点 事務局です。
下記にて「第5回SDGS-ID若手の会」を開催いたします。

今回は、「感染症 × グローバルヘルスガバナンス」と題し、植木 俊哉 教授(本学理事・副学長)、押谷 仁教授(拠点長・医学系研究科)に講演いただきます。
是非ご参加ください。(登録締切 9/16(木)15:00)※学内であればどなたでもご参加いただけます。

<第5回SDGS-ID若手の会>
【開催日時】:2021年9月17日(金)12:00-13:30
【開催方法】:Zoom(URLは9月16日(木)の夕方に登録者へ送付)
【言語】:日本語(スライドは日英併記)
【ファシリテーター】
植木俊哉 教授(東北大学理事・副学長/法学部)
押谷 仁 教授(拠点長・医学系研究科)
【テーマ】 感染症とグローバルヘルスガバナンス

【プログラム】
12:00-12:05  Opening
12:05-12:25  講演1(20分)
植木俊哉 教授 「感染症をめぐる国際法と国際組織」
12:25-12:35  講演2 (10分)
押谷 仁 教授「COVIDから見えたWHOを含むグローバルヘルスガバナンスの課題」

12:35-13:20  -質疑応答、ディスカッション
13:20-13:30  Wrap up-

〇参加登録:下記フォームに必要事項を記載の上お申し込みください。
https://forms.gle/kjS6vG77P5zFLdb38

〇登録締切:2021年9月16日(木)15:00まで

〇問い合わせ 感染症共生システムデザイン事務局
sdgs-id@med.tohoku.ac.jp
〇拠点Website:http://www.sdgs-id.med.tohoku.ac.jp/base/index.html

Dear Students

Seminar language is Japanese
Presentation material will be available in both Japanese and English.
If you are interested, please join.
Details are below.

<SDGS-ID Young Investigators’ Meeting # 5>
(Limited event for TU faculty members and students)

【Date and time】: September 17, 2021 (Fri) 12:00-13:30
【Method】: Zoom (URL will be provided for registrants in the evening of Sep.16(Thu))
【Language】: Japanese
【Facilitators】: Toshiya Ueki (Executive Vice President, Professor of International Law, School of Law, TU)
Hitoshi Oshitani (Professor, Graduate School of Medicine)
【Theme】  ”Infectious diseases and Global Health Governance”

【Program】
12:00-12:05 Opening
12:05-12:25 Lecture 1(20min)
Prof. Toshiya Ueki
“International Law and International Organization on infectious diseases”
12:25-12:35 Lecture 2 (10min)
Prof. Hitoshi Oshitani
“Issues in Global Health Governance, Including WHO, Revealed by COVID-19”

12:35-13:20  -Question and answer session, discussion
13:20-13:30  Wrap up-

〇 Registration: Please fill out the form below to register.
https://forms.gle/kjS6vG77P5zFLdb38
〇 Deadline for registration: Sep.16 (Thu) , 2021, 15:00
〇 Contact:sdgs-id@med.tohoku.ac.jp

2021.9.8 2021 GLEC English Contest ― 国連関係エッセイ・スピーチコンテスト参加者募集について

国連関係のNGOであるHope to the Future Association(HFA)より、エッセイとスピーチのコンテスト参加者募集の案内があり、この度、学内で参加者を募集しています。参加希望者は、こちらをご覧ください。

2021.8.19 【開催案内】8月27日(金)12:00開催:第4回SDGS-ID若手の会(学内限定)SDGS-ID Young Investigators’ Meeting # 4

<第4回SDGS-ID若手の会>
【開催日時】:2021年8月27日(金)12:00-13:30
【開催方法】:Zoom(URLは8月26日(木)の夕方に登録者へ送付)
【言語】:日本語(スライドは日英併記)
【ファシリテーター】
赤池孝章 教授(医学系研究科)太田 信 教授(流体科学研究所)

【プログラム】
12:00-12:05  Opening
12:05-12:45  講演 (40分)
1.赤池孝章 教授「呼気オミックスと未来型呼気医療」
2.松永哲郎 助教 (医学)「呼気エアロゾルを用いたオミックスとウイルス検出」
3.高奈秀匡 准教授(流体研)「呼気発生装置の開発とマスクによる飛沫の飛散防止効果」
4.安西 眸 助教 (流体研)「数値流体解析を用いた気道内飛沫生成シミュレーション」
5.太田 信 教授 (流体研)「萩ホール内の流れ解析 (冬と夏の違い))
12:45-13:20  -質疑応答、ディスカッション
13:20-13:30  Wrap up-

〇参加登録:下記フォームに必要事項を記載の上お申し込みください。
https://forms.gle/95ByyfNjJChN3dPm9

〇登録締切:2021年8月26日(木)15:00まで

〇問い合わせ 感染症共生システムデザイン事務局
sdgs-id@med.tohoku.ac.jp
〇拠点Website:http://www.sdgs-id.med.tohoku.ac.jp/base/index.html

2021.7.9 「日中大学生スピーチ交流会」参加者募集のお知らせ

公益社団法人日本中国友好協会より案内がありましたのでお知らせします。希望者は直接応募してください。
募集要項
日本語ポスター
中国語ポスター

2021.6.22 【開催案内】7月30日(金)12:00開催:第3回SDGS-ID若手の会(学内限定)SDGS-ID Young Investigators’ Meeting # 3

【開催日時】:2021年7月30日(金)12:00-13:30
【開催方法】:Zoom(URLは7月29日(木)の夕方に登録者へ送付)
【言語】:日本語
【テーマ】:歴史から見た疫病
【ファシリテーター】:佐藤弘夫教授(文学研究科)、蝦名裕一准教授(災害科学国際研究所)
【プログラム】
12:00-12:05  Opening
12:05-12:25 「先人の疫病文化に学ぶ―2020年の疫病退散プロジェクト― 」(20分)
蝦名裕一准教授
12:25-12:45 「コロナウィルスは「成仏」できるか」(20分)
佐藤弘夫教授
12:45-13:20  -質疑応答、ディスカッション
13:20-13:30  Wrap up-

〇参加登録:下記フォームに必要事項を記載の上お申し込みください。
https://forms.gle/C7PEshABs3UAVSGR8

〇登録締切:2021年7月29日(木)12:00まで

〇問い合わせ 感染症共生システムデザイン事務局
sdgs-id@med.tohoku.ac.jp

<講演概要>
〇「先人の疫病文化に学ぶ―2020年の疫病退散プロジェクト―」蝦名先生
プロジェクトの詳細はこちらをご覧ください。
https://www.saigaibunka.jp/cont7/main.html

〇「コロナウィルスは「成仏」できるか」佐藤弘夫先生
いまわたしたち現代人が「世界」という言葉を用いた場合、その構成者は当然のことながら人間である。
しかし、前近代社会では、「世界」の構成者として、神・仏・死者をはじめ、動物から植物に至るまで遥かに多様な存在が想定されていた。
近代化はこの世において人間が唯一の特権的存在へと上昇する一方、他の構成員が排除されていくプロセスにほかならなかった。
かつて「神」として尊重されていた、感染症をもたらすウィルスや菌も、この過程で世界の構成者から排除されていくのである。
なぜ、病気や死をもたらすものたちが神とされたのであろうか。
どのようなプロセスを経て、神であったものたちが、殲滅すべき邪悪な存在へとイメージの変貌を遂げていくのであろうか。
その背後に、どのような世界観の変容があったのだろうか。
日本人論のなかでしばしば用いられる「アニミズム」や「草木成仏」の概念を視野に入れながら、この問題を掘り下げることによって、
いまわたしたちがいま立っている地平を長いスパンの中で照らし出すとともに、ポストコロナ社会と人類の未来のあるべき姿を考える際の
参考となればと考えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
感染症共生システムデザイン学際研究重点拠点(SDGS-ID)では、「SDGS-ID若手の会」と題し、
COVID-19が社会にもたらす課題について有識者の知見を交え、
若い研究者の皆さんに自由に意見を交わしていただける会を毎月第4金曜日に開催い たします。
主に学部生・大学院生、ならびに博士取得後10年以内の本学の研究者を中心にした会を想定していますが、
感染症にご興味のある方であれば年齢や役職に関わらずどなたでも参加いただけます。

〇拠点Website:http://www.sdgs-id.med.tohoku.ac.jp/base/index.html

2021.7.9 「日中大学生スピーチ交流会」参加者募集のお知らせ

公益社団法人日本中国友好協会より案内がありましたのでお知らせします。希望者は直接応募してください。
募集要項
日本語ポスター
中国語ポスター

2021.6.22 【開催案内】6月25日(金)11:30開催:第2回SDGS-ID若手の会(学内限定)SDGS-ID Young Investigators’ Meeting # 2
<第2回SDGS-ID若手の会(学内限定)開催のおしらせ>

【開催日時】:2021年6月25日(金)11:30-13:00
【開催方法】:Zoom(URLは6月24日(木)の夕方に登録者へ送付)
【言語】:日本語(質疑応答は英語も可)
【テーマ】:ワクチンの最新情報と課題
【ファシリテーター】:石井直人教授(医学系研究科)、押谷仁教授(医学系研究科)、小坂健教授(歯学研究科)

【プログラム】
11:30-11:50 「ワクチンの最新情報」(20分)石井直人教授
11:50-12:00 「ワクチンの課題」(計10分)押谷仁教授、小坂健教授
12:00-13:00  -質疑応答、ディスカッション
Wrap up-

〇参加登録:下記フォームに必要事項を記載の上お申し込みください。
https://forms.gle/3uoM4fctTex6oJud8

〇登録締切:2021年6月24日(木)12:00まで
〇問い合わせ 感染症共生システムデザイン事務局
sdgs-id@med.tohoku.ac.jp

<概要>
感染症共生システムデザイン学際研究重点拠点(SDGS-ID)では、「SDGS-ID若手の会」と題し、COVID-19が社会にもたらす課題について有識者の知見を交え、若い研究者の皆さんに自由に意見を交わしていただける会を毎月第4金曜日に開催いたします。
主に学部生・大学院生、ならびに博士取得後10年以内の本学の研究者を中心にした会  を想定していますが、感染症にご興味のある方であれば年齢や役職に関わらずどなたでも参加いただけます。

〇拠点Website:http://www.sdgs-id.med.tohoku.ac.jp/base/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dear Students and Faculty members

Seminar language is Japanese, but Q&A in English will be available.
Details are below, so if you are interested, please join.

<SDGS-ID Young Investigators’ Meeting # 2>
(Limited event for TU faculty and students)

【Date and time】: June 25, 2021 (Fri) 11:30-13:00
【Method】: Zoom (URL will be provided registrants in the evening of June 24(Thu))
【Language】: Japanese (Q&A will be in either Japanese or English)
【Theme】: Vaccine Updates and Challenges.
【Facilitators】: Naoto Ishii (Professor, Graduate School of Medicine)
Hitoshi Oshitani (Director of SDGS-ID, Professor, Graduate School of Medicine)
Ken Osaka (Professor, Graduate School of Dentistry)

【Program】
11:30-11:50 “The Latest Update on Vaccines” (20 minutes) Prof. Naoto Ishii
11:50-12:00 ” The challenges of vaccines” (10 minutes total)
Prof. Hitoshi Oshitani, Prof. Ken Osaka
12:00-13:00 -Question and answer session, discussion
wrap up

〇 Registration: Please fill out the form below to register.
https://forms.gle/3uoM4fctTex6oJud8

〇 Deadline for registration: June 24, 2021 (Thu) 12:00

A Center for Key Interdisciplinary Research, “System Design of Inclusive Society with Infectious Diseases” (SDGS-ID)is holding a meeting titled “SDGS-ID Young Investigators’ Meeting” on the fourth Friday of every month, where young researchers can freely exchange their ideas on the issues that COVID-19 infectious diseases pose to society.
The meeting is designed mainly for undergraduate and graduate students, as well as researchers at Tohoku University within 10 years of obtaining their doctorate; however, anyone with an interest in infectious diseases is welcome to attend, regardless of age or position.
We look forward to your participation, so please feel free to register.

〇 Website:http://www.sdgs-id.med.tohoku.ac.jp/base/index.html

2021.6.18 総長会への参加募集について
開催概要
・学生団体Pompadour主催、東北大学総長大野英男と有志東北大生による学生ディスカッションイベント
・参加人数は、ご応募いただいた方の中から抽選で100名
・登壇希望者は、次のフォーム総長会 参加応募フォーム(ビラのQRコードからも可能)に回答していただいた後に、こちらから面談をお願いする場合があります
・イベント概要URL:https://pando.life/pompatohoku1229/article/62169
・お問い合わせはこちら:@pompatohoku1229(Twitterアカウント)
・代表メールアドレス:shoma.nagata.t7@dc.tohoku.ac.jp

pompadour)総長会チラシ

——————-
☐ Event title:Talk with the president Ohno about the future of Tohoku University
☐ Description of event:
We, Pompadour, will hold an event “Talk with the president Ohno about the future of Tohoku University” where participants and the President of Tohoku University, President Ohono talk together directly and frankly. The purpose of this event is to promote communication between Tohoku university and students there. Since just 100 people are available on ZOOM simultaneously, the number of participants in this event is limited to 100 only. If you have an interest, the application for this event is in the link below. The participants can choose one role in this event out of two: audience or speakers. If you want to be a speaker, I would like you to have an interview before this event. Thank you.
☐ Date and Time: 2021/07/02・pm6:00 – pm7:00
☐ Venue: ZOOM
☐ Language: Japanese
☐ Fee: free
☐ Registration: required
☐ Others:
The application: https://forms.gle/JEd1d6j2t5zqAAR98
☐ Contact:
Name: Kazuki Nemoto
Affiliation: Faculty of economics
Email: studypompa1229@gmail.com
——————-

pompadour)Poster

2021.5.28 国際交流バディ・パートナー募集!

東北大学グローバルラーニングセンターでは、留学生受入れショートプログラム
「TUJP(Tohoku University Japanese Program)」をオンラインで実施します。
TUJPは海外の協定校の学生を対象に実施する、日本語・日本文化学習に重点をおいたプログラムです。
この度、TUJP3(6月21日〜7月16日)の国際交流バディ・パートナーを募集します。

留学生の行き来が限られる中、海外の学生と国際交流してみませんか?
詳細は以下のURLまたは添付のチラシをご確認ください。

イベント情報詳細:
https://www.insc.tohoku.ac.jp/japanese/application/39026/

■ 募集説明会をonlineで実施します。お気軽にご参加ください!
日時:5月31日(月)12:10~12:50

■ 応募締め切り
2021年6月7日(月)

応募説明会・申込・オリエンテーションの参加は、「TUJPバディ・パートナー募集」の
Google Classroom (Class Code : aehznt3)からお願いします。

■ 問い合わせ先
東北大学グローバルラーニングセンター 新見有紀子
shimmi@tohoku.ac.jp

2021 TUJP3国際交流バディ・パートナー募集チラシ

2021.5.21 チャットボットのキャラクターの公募について(通知)/ Open call for mascot character of the chatbot.

東北大学では令和3年3月29日に全学を対象にチャットボットを導入いたしました。
(https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2021/03/press20210329-03-chatbot.html)
本チャットボット上で応対を行うキャラクターは、暫定的に設定しておりますが、今後も、本チャットボットをより身近なものに感じていただくべく、本キャラクターのデザインおよび愛称について下記のとおり公募いたします。
詳細は下記をご覧ください。
On March 29, 2021, Tohoku University introduced Chatbot for the entire university.
(https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2021/03/press20210329-03-chatbot.html)
In order to make the chatbot more familiar to the users, we’ll open call for mascot character of the chatbot.
For details, please refer to the following application guideline. (But this guideline is only in Japanese.)

東北大学チャットボットキャラクター募集要項

2021.5.13 令和3年度「大学教員準備プログラム(Tohoku U. PFFP)」の開講について

東北大学では、2021年6月15日より、博士後期課程学生を対象とした「大学教員準備プログラム(Tohoku U. PFFP)」を開講いたします。
大学教員を目指す受講生に対して、大学教員に求められる能力を実践的に学ぶ機会を提供することを目的としています。
詳細は添付ファイルもしくは、下記のHPをご確認の上、希望者は各自お申込みください。
なお、申込期限は「2021年6月4日」となっておりますので、ご注意ください。←募集期間が延長になりました

PFFP

パンフレット

2021.4.30 令和3年度ピアサポーターの募集について(定員に達しましたので締め切りました)

東北大学では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために、学生の皆さんにアルバイトの制限なども含め、種々の活動制限を要請しています。
このような厳しい制約下においても、安心して学生生活を送れるよう、緊急学生支援パッケージのひとつとして、在学生により新入生を支援する学生ピアサポーター制度を創設しました。

本研究科では、MC2年生を対象として学生ピアサポーターを募集しますので、
希望者は以下の内容をご確認の上、下記より申請願います。

1. 支給金額:4万円/人(2万円/月×2カ月)
2. 活動期間:令和3年5月、6月
3. 活動内容:新入生サポートとしてオンライン座談会の開催を予定しています。
打ち合わせや準備等を含め、月10時間程度の勤務を想定しています。
月に一度、活動報告書(Googleフォーム)を提出していただきます。
4. 定員:11名(先着順とし、定員になり次第締め切ります)
5. 申請期限:令和3年5月12日(水)←定員に達しましたので締切ました
6. 申請フォーム(個人申請型)
https://forms.gle/vSZQx9Q4QUgRScij9

◆◆皆さんお誘い合わせの上、ぜひお申し込みください。◆◆

学生ピアサポーター制度については下記をご覧ください。
https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2021/04/news20210407-01.html

「団体型」の申請は、キャリア支援事務室就職係へ直接申し込んでください。
https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2021/04/news20210407-01.html

2021.4.28 令和3年度 東北大学サイエンス・エンジェル(第2回)(2021/5/7締切)の募集について
申請を希望する場合は、必要書類を男女共同参画推進センターのHPからダウンロードの上、申請期限までに総務係へ書類を提出してください。

申請期限:令和3年5月7日(金)15:00
提出先:総務係

2020年度

2021.1.28 令和3年度前期全学教育科目ティーチング・アシスタント候補者の募集について

2021.1.26 学際高等研究教育院修士・博士研究教育院生の募集について
申請を希望する場合は、必要書類を学際高等研究教育院のHPからダウンロードの上、
申請期限までに手続き書類を提出してください。

「修士研究教育院生」への申請期限:令和3年3月15日(月)12:00
「博士研究教育院生」への申請期限:令和3年4月 2日(金)12:00
提出先:教務係
※提出に来る時は、事前に来訪日時をメールで予約してください。

2019年度

・昭和池田記念財団第39回昭和池田賞の募集について

・【募集】附属図書館<後期>学内ワークスタディについて
応募資格
①大学院生(留学生を除く)
②本年度の「後期」の授業料免除適用者(選考時、採否が発表されていない場合は「前期」採択者を選考対象とする)
③附属図書館の業務に積極的に取り組む意欲のある方
詳しくは詳細をご覧の上、直接図書館までお問い合わせください。

・2019年秋学期 留学生のための転入手続きサポーター募集について
留学生課では、2019年10月から受け入れ予定の留学生の渡日時区役所・銀行手続きをサポートする学生を募集します。
詳細はこちら

・仙台市Iゾンタクラブ「東北大学大学院 女子学生のための国際学会発表渡航費用支援事業の公募」について
詳細は下記をご覧ください。
募集要項
申し込み書式
ポスター

2018年度

・女川原子力発電所、水産物の放射能測定施設の見学について(お知らせ)

・日米学生会議について(募集)
2019年8月5日(月)~23日(金)に開催される会議の募集について、興味のある方は事務室前の掲示板をご覧ください。

・特別支援室学生サポート養成講座の開催について

・国際交流の集い1/30開催について
※希望者は1月25日(金)までに窓口へお知らせください。

・日本の四季と生活文化を知る交流会vol.2 節分

・平成31年度常勤講師及び非常勤講師等の登録会の開催について

・「国際学会等参加補助企画」への希望者の募集について

・「グループディスカッション対策講座」の開講について

・「障害者の就労に興味のある学生・教職員を対象としたキャリアガイダンス―入門編―」開催のお知らせ

・【周知】「日本の四季と生活文化を知る交流会」の開催について
締切:11/9(金)
直接、HPからお申込みください。
詳細

・【周知】第18期日米草の根交流コーディネーター募集
資格:日本国籍
詳細
希望者は各自直接お申し込みください。

・【周知】Harvard-Yenching Institute training program on African Studies
詳細は以下をご覧の上、直接お申込みください。
メールHYI African Studies mail
詳細HYI Training Program in African History and Cultures
申込書Applciation_HYI_AfricanStudiesFellowshipProgram (2)

・【周知】日本学国際共同大学院学生募集説明会開催について
次年度博士前期2年の大学院生を対象に、日本学国際共同大学院学生募集説明会が開催されます。
詳細はこちらをご覧ください。

・【募集】みやぎアドベンチャープログラム(MAP)事業における体験会の追加募集について
参加希望の方は、直接、県生涯学習課に申込みしてください。
実施要項
Q&A

・【募集】附属図書館<後期>学内ワークスタディについて
応募資格
①大学院生(留学生を除く)
②本年度の「後期」の授業料免除適用者(選考時、採否が発表されていない場合は「前期」採択者を選考対象とする)
③附属図書館の業務に積極的に取り組む意欲のある方
詳しくは詳細をご覧の上、直接図書館までお問い合わせください。

・イノベーション創発塾5期後期受講生の募集について
ILP(高度イノベーション博士人財育成ユニット)では、イノベーション創発塾5期後期受講生の募集を開始致しました。
応募資格
①博士後期3年の課程に在籍する大学院学生(社会人学生を含む)
②研研究室に在籍するポストドクター及び助教
③博士後期3年の課程へ進学を許可された博士前期課程2年次の学生
※注意:①または③に該当する学生は指導教員の承認、②の博士研究員の場合はプロジェクト代表者の承認が必要です。
詳細は下記URLをご覧ください。
Innovative Leaders Fostering Course/イノベーション創発塾

シラバス
ポスター
また、下記日程で事前説明会(博士のキャリア実践セミナー)を開催いたします。
日時:9月11日(火)10時30分~12時 工学研究科総合研究棟101教室(青葉山キャンパスC10)
9月13日(木)17時~18時30分 生命科学プロジェクト総合研究棟 104講義室(片平キャンパスD04)
*いずれも事前登録不要です。ぜひお越しください。
詳細はポスターをご覧ください。

・【周知】日本学国際共同大学院プログラム主催の国際カンファレンス参加者募集について
日本学国際共同大学院プログラム主催の国際カンファレンスが本年12月に開催されます。
詳細はこちらを確認してください。

・【周知】APRU:学会参加者募集について
テーマ:“Dementia, Cognition, and Healthy and Productive Aging”
希望者は下記Websiteをご参照の上、直接応募してください。
https://apru.us6.list-manage.com/track/click?u=7251ff0af2ea5314dd7f5b33b&id=249b928664&e=8cb4018097

・【募集案内】農家民宿無料モニター募集(外国人対象)
希望者は直接お申込みください。
詳細
申込書

・日露青年フォーラム2018 in ロシアへの参加者募集について
詳細はこちら
参加希望者は上記詳細を確認の上、各自申請を行って下さい。(8/3(金)正午〆切)

・ヴェネツワークショプ参加者募集について
日本学国際共同大学院より上記についての募集がありました。
HP:こちら

・2018年秋学期 留学生のための転入手続きサポーター募集について

・学生時代に知っておきたい法制度~障害者差別解消法を中心に~
詳細はこちら
なお、参加を希望される場合は、各自で直接お申し込みください。
申請書はこちら

・仙台市教育センター「学生が受講できる研修」のご案内
教員を志望する学生の方はぜひご参加ください。
詳細はこちらをご覧ください。

・平成29年度「教養教育院セミナー報告」を窓口前に置きました。
興味のある方、特に以前セミナーを受講した方や、昨年11月に合同講義を受講した方はぜひご覧ください。
教養教育院セミナー報告

・東北大学イングリッシュアカデミー(TEA)TOEFL iBT®テスト学内試験の募集について

・平成29年度「教養教育院セミナー報告」を窓口前に置きました。
興味のある方、特に以前セミナーを受講した方や、昨年11月に合同講義を受講した方はぜひご覧ください。
教養教育院セミナー報告

・「2018年度夏季TEA’s English集中プログラム」受講者の募集について
7/9(月)より受講者の募集を開始します。詳細は下記をご確認ください。
募集要項
ポスター
また、募集にあたり、7/6(金)に学内説明会が行われますので、希望者はご参加ください。(詳細はポスターをご覧ください)

・【JSPS】第11回HOPEミーティングの参加者募集について
詳細はこちらをご覧ください。
応募は直接応募、8月8日(水)17:30必着ですので、注意してください。

・平成30年度 対日理解促進交流プログラム「カケハシ・プロジェクト」(米国)大学生派遣参加者募集について
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
国際文化研究科教務係の締め切りは「6/15(金)15時」となっておりますので、注意して下さい。

・附属図書館《前期》学内ワークスタディの募集について(留学生を除く)
詳細は事務室前のポスターをご覧ください。

・平成31年度 国立民族学博物館「特別共同利用研究員の募集について」(対象:博士後期課程)
詳細につきましては事務室前に掲示のポスターならびに募集要項をご覧ください。

・仙台市Iゾンタクラブ「東北大学大学院 女子学生のための国際学会発表渡航費用支援事業の公募」について
詳細は事務室前のポスター、下記のHPをご覧ください。

仙台Iゾンタクラブ 東北大学大学院女子学生のための国際学会発表渡航支援事業

・「平成30年度プラクティカル・イングリッシュコース」の募集について
申込期間 6月6日(水)~6月25日(月)
募集ポスター(H30)
募集要項(H30)
事前説明会ポスター(H30)

・TOEFL ITPテストの実施について

・グローバルセンター4・5月実施予定イベント

・2018前期学期内プログラム受講者の募集
詳細は募集要項をご覧ください。

・TEA’s English 2018前期英語学習アドバイジングの実施について

・平成30年度TUMUG支援事業・杜の都女性研究者エンパワーメント推進事業に係る各プログラム利用希望者の募集について
詳しくは詳細をご覧ください。
別紙(プログラム一覧)
ベビーシッター利用料等補助(博士課程後期3年の課程・性別問わず)
※日常的な利用以外。 ※研究科内の〆切は書類記載の〆切の1週間前となるので注意すること。
女子学生のための国際学会発表渡航支援事業
※詳細は5月頃に別途通知する。 ※対象とする渡航期間は平成30年7月~平成31年3月とする。

2017年度

・30.1.17 国際交流の集い1/31開催について

・29. 12.18 博士課程後期在籍者対象 【東北開発記念財団】平成30年海外派遣事業の募集について
募集要項はこちらをご覧ください。
申請書等はこちらをご覧ください。
申請希望者は、以下の期日までに国際文化研究科総務係へ提出して下さい。
前期:平成29年12月21日(木)
後期:平成30年6月25日(月)

・29. 9. 21 【9/25(月)締切】AEARU Responsible Innovation for Inclusive Growth in the Era of Global Inequalityの参加者募集のお知らせ
*ご興味のある方は、詳細をご確認の上、直接お申込みください。申込をされた方は、本学からの参加者把握のため、提出される場合は国際交流課国際企画係(kokusai-k@grp.tohoku.ac.jp)までお知らせください。

29. 9. 20 平成29年度 日露青年交流事業「日露青年フォーラム」 参加者募集について
*参加申込をされた方は、国際文化研究科総務係(int-som@grp.tohoku.ac.jp)宛てに所属、学年、学籍番号、氏名をEメールでお知らせください。

・29. 7.13 APRU Ageing in the Asia-Pacific Workshop 2017 for Junior Gerontologists
*学内締切までに、国際交流課国際企画係(kokusai-k@grp.tohoku.ac.jp)宛てEメールで「Application form」及び「最近の研究に関する200語以内のアブストラクト(英語)」を送付してください。
Those who would like to register are required to submit the completed “Application form” with an abstract of around 200 words regarding your recent work on ageing communities by email to the International Exchange Division of Tohoku University at “kokusai-k@grp.tohoku.ac.jp”by no later than Tuesday, July 25.

・29. 7. 13 2017年度 日露青年交流事業「日露青年フォーラム」 参加者募集について
*参加申込をされた方は、国際交流課連携推進係(kokusai-r@grp.tohoku.ac.jp)宛てに所属、学年、学籍番号、氏名をEメールでお知らせください。

・29. 6. 12 平成29年度キルギス夏季ロシア語研修参加者募集について

・29. 5.25  United Nations 8th University Scholars Leadership Symposium のお知らせ

・29. 5.23 心理学実験参加者募集のお知らせ

・29. 5.23 【開催案内】研究推進・支援機構テクニカルサポートセンター利用説明会について
参加申込書
会場案内図

・29. 5.15 2017年東北大学サマープログラム学生ボランティア募集について
応募締切 5月22日(月)17:00

・29. 5.12 「平成29年度プラクティカル・イングリッシュコース」の募集について
申込期間 6月7日(水)~6月23日(金)
募集ポスター(H29)
募集要項
事前説明会ポスター(H29)

・29. 4.21 平成29年7月TOEFL ITPテスト無料実施について

・29. 4.20 平成29年度川渡共同セミナーセンター主催事業「セミナー東北の自然(春)」の参加者募集についてEngilish
申込用紙 日本語 English

・29. 4.13 TOEFL iBT テスト学内試験の実施について

・29. 4.13 2017年度TOEFL ITPテストの実施について

・29. 4.13 TEA’s English 2017前期英語学習アドバイジングの実施について

・29. 4.13 TEA’s English2017前期学期内プログラム受講者募集
要項

・29.2.20 The APRU & The New York Times Asia-Pacific Case Competition 2017
Submission:by March 31 Regulations & Guidelines

2016年度

・29. 3.23 「博士人材が身につけるべきスキル」に関する意見募集について(更に締め切りを延長しました)Request to Participate in 2016 JGRAD Survey (We extended the deadline again)
【実施期間】 平成29年3月24日(金)まで
アンケートの告知文Notification for the Survey

・29. 2.10 「博士人材が身につけるべきスキル」に関する意見募集について(締め切りを延長しました)Request to Participate in 2016 JGRAD Survey(We extended the deadline)
このアンケートは、我が国におけるJGRADでの調査結果や、ヨーロッパ(EU)での調査結果の図を見ながら、”博士人材が身につけるスキルとは?”をテーマに、皆さんのご意見をお伺いするものです。
The survey is designed based on our research in Japan and other research in EU about “Important skills for doctoral students”.
【実施期間】 平成29年2月10日(金)まで
アンケートの告知文Notification for the Survey

・29. 2. 8 東北大学資料館『星寮のおひな様』展開催のご案内(2/16~3/8)

・29. 2. 7 女子学生・大学院生向けセミナー「研究職の魅力を伝える」開催(2/24)

・29. 2. 3 東北大学男女共同参画セミナー研究者って何?「留学・海外滞在」編(3/25)

・29. 2. 3 平成28年度川渡共同セミナーセンター主催事業「留学生と日本人学生との集い」の参加者募集についてEnglish
要項 日本語English

・29. 2. 2 平成28年度利益相反マネジメントセミナー「産学連携におけるリスクマネジメント「技術流出防止マネジメント」について」の開催について

・29. 1.31 東北大学MOOK(公開オンライン講座)開講に関して
※MOOCはMassive Open Online Course(大規模公開オンライン講座)の略で、Web上で誰でも無料で参加可能な、大規模かつオープンな講義を提供し、修了者に対して修了証を発行する教育サービスです。

・29. 1.25 「博士人材が身につけるべきスキル」に関する意見募集について Request to Participate in 2016 JGRAD Survey
このアンケートは、我が国におけるJGRADでの調査結果や、ヨーロッパ(EU)での調査結果の図を見ながら、”博士人材が身につけるスキルとは?”をテーマに、皆さんのご意見をお伺いするものです。
The survey is designed based on our research in Japan and other research in EU about “Important skills for doctoral students”.
【実施期間】 平成29年1月31日(火)まで
アンケートの告知文Notification for the Survey

・29. 1.5 サテライトキャンパス公開講座「講座仙台学」(2月開講講座)のご案内

学生生活トップへ