学生・教職員各位 English follows

感染症共生システムデザイン学際研究重点拠点では、
「若手研究者支援プロジェクト」と題し、感染症に関連する学際的な研究を募集します。
学部生・大学院生、ならびに博士取得後10年以内の本学の研究者が対象です。
感染症に関連する学際研究であれば特に研究領域に制限はありません。
奮ってご応募ください。 

<メッセージ(拠点長 医学系研究科 押谷仁)>

新型コロナウイルス感染症により、効率化を追求する集中型社会が、グローバルなリスクに対して脆弱であること

が露呈された中、一定レベルのリスクを受容しながら、社会・経済・文化活動を行いポストコロナ時代の新たな社

会を創造していくことは喫緊の課題です。

「感染症共生システムデザイン学際研究重点拠点」は、東北大学の学知を結集し、

「コロナと共に生きる時代の世界と人間のありよう」を模索する学際的な研究組織として2020年8月に発足いたしました。

http://www.bureau.tohoku.ac.jp/kenkyo/shingikai/gakusai.html

生命科学・医学はもちろんのこと、政治・経済・法律・行政・社会・教育・科学技術に加え、
人々の価値観や死生観などの概念や手法を取り入れた「理解・説明モデル(広義)」を確立し、
感染症と共存しつつ持続可能でレジリエントな社会の実現を目指し、研究と実践を探求していきます。

ポストコロナ時代の新しい社会の創造は、一朝一夕になしうるものではありません。

これからの社会を担う若い研究者の力が不可欠であり、次世代の若手研究者の支援、育成は本拠点の大きな使命です。

今回の支援プロジェクトは、次世代を担う若手研究者の支援、育成を目的としています。

文系・理系を問わず、 若い皆さんの 自由で独創的な研究を期待しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「若手研究者支援プロジェクト」
〇申請方法
 下記フォームに必要事項を記載の上、様式1、様式2を添付して提出。
 https://forms.gle/yy3igZnVvru1kTf9A
〇申請締切
 2021年2月26日(金)17時まで(必着)
〇支援内容
 1プロジェクトあたり10万円の研究費を上限とし支援。
※詳細は添付の募集要項をご確認ください。
————————————————————-

Dear Students and Faculty members
A Center for Key Interdisciplinary Research, “System Design of Inclusive Society with Infectious Diseases” (SDGS-ID)
is now seeking applicants for it’s “Research award project for young researchers”.
This award is open to students and early career researchers (within 10 years after PhD completion) at TU.
There is no restriction on the research field as long as it is interdisciplinary research related to infectious diseases.
Please feel free to apply.

< Message from prof. Hitoshi OSHITANI (SDGS-ID chief organizer). >
The new coronavirus infections (COVID-19) have exposed the vulnerability of efficiency-driven,
centralized societies to global risks, and it is an urgent mission to create a new society in the post-Covid-19 world
in which all people can conduct social, economic, and cultural activities while accepting a certain level of risk.
In August 2020, the “System Design of Inclusive Society with Infectious Diseases” (SDGS-ID)
was launched as an interdisciplinary research organization that brings together the academic
knowledge of Tohoku University to explore the new world and inclusive society in the era of
living with coronas.
We will establish a” model of understanding and explanation (in a broad sense)” that incorporates
not only life science and medicine, but also notions and methods of politics, economics, law, administration, society,
education, science and technology, even including people’ s values and views on life and death, and thereby explore
research and practice to realize a sustainable and resilient society with infectious diseases.
The creation of a new society in the post-corona era cannot be achieved overnight.
The power of young researchers, who will be responsible for the future society, is essential, and
supporting and fostering the next generation of young researchers is our major mission.
This support project aims to support and foster such young researchers who will lead the next generation.
We look forward to receiving applications from many talented young researchers.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〇 Where to submit:
Please fill out required information and upload two application forms (form 1 and form 2)
from the following URL. https://forms.gle/yy3igZnVvru1kTf9A
〇 Deadline: February 26th 17:00 JST
〇 Research grant
100,000 JPY for each research
For details, please refer to the attached application guide.

01.SDGS-ID_募集要項
02.EN_Application guide_SDGS-ID
03.Form 1_申請用紙
04.EN_Application Form 1 SDGS-ID
05.JP_EN Form 2_Research outline slide