研究者紹介 横川 和男

国際マクロ経済学、国際貿易の実証研究

 

グローバル共生社会研究系

国際政治経済論講座

横川 和男  教授 【 Ph.D. in Economics 】

― 研究の内容を教えてください。

為替レート決定や国際収支の動向を含むマクロ経済の国際的側面、金融・財政・消費・投資・貯蓄などの国内経済動向と対外経済状況との関連、マクロ経済政策の対外的波及と国際的な相互関連、および国際経済政策協調のあり方、各国資産市場の規模と為替リスクの負担割合との関係など国際マクロ経済学と呼ばれる分野の研究。関税などの通商政策が内外経済に与える効果、生産要素の賦存量と貿易構造の関係などに関する実証研究。

― その研究を始めたきっかけは何ですか。

経済政策の効果が自国、外国の双方に及ぶとき、どの国にあっても政策の是非が冷静に行なわれない傾向がよく見られる。外国からの脅威論がよく耳に入り、自国の方も外国から同様に脅威と受け止められる可能性への認識は共有されにくい。国際化の深化からこうむる被害が強調されがちだが、国際取引の拡がりから得る利益は無視されたり、当然と受け止められがちになる。国際摩擦を避けるためとして「国際世論」とされるものに過度に迎合的になる国内世論形成や政策決定がなされもする。そうした例を観察したことが研究のきっかけのひとつとなった。

― はじめに研究者を目指そうと思ったきっかけはどのようなことですか。

研究者を目指した頃は国際通貨制度が大きく変化し、日本では為替相場が長く固定されていた時代が終わり、変動為替相場へと移り変わっていった移行期であった。当時為替相場の管理方式、国際収支調整のあり方、経済政策の国際協調のやり方が模索されており、政策課題としても、研究課題としてもこうしたテーマがよく取り上げられた。それらの議論に自分なりのやり方で分析を付け加えたいと願ったのが研究者を目指すひとつのきっかけとなった。

研究のキーワード

為替相場、国際収支、通商政策

主な著書・論文など

・“Effective Protection by Tariffs and Indirect Taxes in Post-WWII Japan,” 『経済集志』、第64巻第1号、83-100頁、1994年4月
・「経済統合と通貨価値安定」、『経済集志』 第65巻第3号、1-14頁、1995年10月
・“Factor Content of World Production and Trade,” 『国際文化研究科論集』、10号、 77 -86 頁、2002 年12月
・「資本自由化の形態と為替リスク」、高木信二編『国際資本移動と通貨危機』、東洋経済新報社、109-130頁、2003年2月

東北大学研究者紹介

http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/8e4dd5afd73da3d8a891b01cd0a0588f.html

前の画面に戻る >>

Page Top