研究者紹介 Klautau, Orion (クラウタウ オリオン)

 

地域文化研究系 (Division of Cultural Area Studies)

国際日本研究講座 (Department of Global Japanese Studies)

Klautau, Orion (クラウタウ オリオン)  准教授 【 PhD 】

― 研究の内容を教えてください。

単著『近代日本思想としての仏教史学』(法蔵館、2012年)において、私は「日本仏教」なる構築物に対する学術的研究の政治性を考察した。その成果をさらに展開すべく、幕末期の護法論や仏教公認運動などの側面も視野に入れて、現在、The Idea of Japanese Buddhism: History, Modernity, and the Nation-State 〔日本仏教という観念―歴史・近代・国民国家〕 を執筆中。さらに知りたい方は、ゼミHPをご覧ください。

研究のキーワード

日本宗教史(近代仏教)、明治期のナショナリズム論、日本における歴史叙述思想

東北大学研究者紹介

http://web.tohoku.ac.jp/klautau-zemi/

前の画面に戻る >>

Page Top