セミナー・公開講座

東北大学 持続可能な開発目標(SDGs)シンポジウムの開催について

【東北大学SDGs シンポジウム】
“持続可能な開発目標(SDGs)の達成とグローバル人材”シンポジウムを開催します
国立大学法人東北大学(総長:大野 英男)とMS&ADインシュアランスグループ ホールディングス株式会社(取締役社長 グループCEO:柄澤 康喜)は、今般、貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指す、持続可能な開発目標達成に向けて、SDGs(注)時代における人材育成のあり方をテーマとしたシンポジウムを平成30年12月21日(金)に仙台国際センターにて開催します(東北大学、東北大学大学院国際文化研究科主催)。

東北大学は、「東北大学ビジョン2030」において、震災復興から持続可能な社会創造を見据えた新たな課題解決型研究を展開するとともに、社会を構成する多様なセクターとのパートナーシップのもと、持続可能な開発目標(SDGs)を達成するための新たな社会価値を創造し、未来を拓く変革を先導します。

MS&ADインシュアランスグループは、今年度からの新しい中期経営計画「Vision 2021」において、社会との共通価値を創造する企業活動の「道標」として、SDGsを掲げました。社会を取り巻く多様なリスクや社会的課題のソリューションを通じ、安定した人々の生活や活発な事業活動を支えるビジネスモデルの推進によって、持続的に成長し、SDGsの達成に寄与していくとしています。

このような両者のビジョンのもと、今回のシンポジウムでは、SDGsの理念を理解し行動する人材が求められる時代が到来する中、SDGsの達成を見据えた行動をとることができるグローバル人材の育成に関し、その分野の第一人者の方々にご登壇いただき産官学それぞれの立場から講演、議論いただく予定です。

詳細(プレスリリース本文)PDF
https://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press20181026_01web2_SDGs.pdf.pdf

シンポジウムへの参加申し込みは、以下のURLからお願いします。
http://www.intcul.tohoku.ac.jp/g2sd/2018sdgs/

 

問い合わせ先

国立大学法人東北大学大学院国際文化研究科(総務係)
TEL:022-795-7541
E-mail:int-som*grp.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

劉 庭秀 教授、青木 俊明 准教授、佐藤 正弘 准教授
TEL:022-795-7618
E-mail:jeongsoo.yu.d7*tohoku.ac.jp (劉 庭秀)(*を@に置き換えてください)

181107sdgsposter

附属言語脳認知総合科学研究センター 第4回公開講演会「Connectionism and Second Language Acquisition」の開催について

イベント名:附属言語脳認知総合科学研究センター 第4回公開講演会

日   時:2018年12月21日 (月) 18:00 – 19:30

場   所:東北大学川内キャンパス マルチメディア 教育研究棟6階 M601

主   催:東北大学国際文化研究科附属言語脳認知総合科学研究センター

概   要:言語習得分野をリードする研究者をお招きし、講演会を予定しております。皆様のご参加をお待ちしております。
講   師:Professor Yasuhiro Shirai
Case Western Reserve University, USA.
講演タイトル: Connectionism and Second Language Acquisition

詳細は、以下のポスターをご参照ください。
181130 poster_Dr_Shirai_Special lecture_LBCcenter20181221

お問合せ: 応用言語研究講座Jeong Hyeonjeong (jeong(at)tohoku.ac.jp)
※メールでお問合せいただく際には、(at)を@に変換願います。

講演会「大正作家の中国体験――富永太郎の場合」

講演会「大正作家の中国体験――富永太郎の場合」

講 師:張 競(明治大学国際日本学部・教授)
日 時:2018年11月27日(火) 4限(14:40-16:10)
場 所:東北大学川内北キャンパス 国際文化研究科棟101会議室
主 催:国際文化研究科

概 要:
富永太郎は1901年の生まれで、24歳の若さで夭折した詩人である。ボードレールやA.ランポ―らの詩を翻訳するかたわら、『秋の悲嘆』など青春期の感傷を詠う象徴派的な詩集を発表した。1923年11月19日、富永太郎は山城丸に乗って神戸を出発して上海に渡り、翌年1月末頃、日本に帰国した。富永太郎の上海経験はその詩作にどのような影響を与えたのか。この講演では富永太郎の詩や絵画作品、ならびに知人との書簡を検証し、その詩作の新たな解釈を探る。

講師略歴:
1953年上海生まれ。東京大学大学院総合文化研究科比較文学比較文化博士課程修了。博士(学術)。東北芸術工科大学助教授、國學院大學文学部助教授、ハーバード大学客員研究員などを経て、現在、明治大学国際日本学部教授。著書に『海を越える日本文学』(筑摩書房、2010年12月)、『張競の日本文学診断』(五柳書院、2013年10月)、『詩文往還――戦後作家の中国体験』(日本経済新聞社、2014年10月)など。

20181126tyokyokouennkai

お問い合わせ先:
国際文化研究科 朱琳研究室 (lin.zhu.e7 (at) tohoku.ac.jp)

※メールにてお問合せされる際には、 (at) を@に変換して送信願います。

第3回グローバルガバナンスと持続可能な開発ワークショップの開催について

イベント名: 第3回グローバルガバナンスと持続可能な開発ワークショップ

日   時: 2018年12月14日18:00-19:30

場   所: 東北大学川内南キャンパス 中講義棟(文学部第2大講義室)

主催・共催: 主催 国際文化研究科,共催  文系URA室

概   要 :本格的な少子高齢化の到来や第四次産業革命の劇的な潮流の中で、私たちは日本経済の展望をどう捉え、どのように舵を取るべきなのでしょうか?「人生100年時代」の人材と働き方、「Society 5.0」に向けた対応はどうあるべきでしょうか? 内閣府から経済財政白書の執筆担当者である室伏氏を招き、『平成30年版経済財政白書』を読み解きながら、日本経済の現状と課題について論じます。

20181120 G2SD workshop

い合せ先: 国際文化研究科グローバルガバナンスと持続可能な開発プログラム担当
(以下のメールアドレスから、お問い合わせください。)
 メールアドレス g2sd(at)intergreen.jp

※メールをお送りいただく際には,(at)を@に変換して送信してください。

 

The 5th Workshop of the NINJAL Collaborative Research Project: Generative Perspectives on the Syntax and Acquisition of Japanese

The 5th Workshop of the NINJAL Collaborative Research Project: Generative Perspectives on the Syntax and Acquisition of Japanese

日   時:2018年12月1日(土)、2日(日)

場   所:国際文化研究棟1階会議室

主催・共催:国立国語研究所・東北大学国際文化研究科附属言語脳認知総合科学研究センター

概   要:統語論と言語獲得に関するワークショップを開催する予定です。詳細はポスターをご参照ください。

20181112-december-1-2-poster-280.396

問い合わせ先: 国際文化研究科 高橋大厚(daiko(at)tohoku.ac.jp)
注:メールを送信される際には、(at)を@に変換してください。

イスラーム学際研究の試み ―東南アジアと日本のムスリムの視点から―

イスラーム学際研究の試み ―東南アジアと日本のムスリムの視点から―

東北大学イスラム圏研究会の第3回公開講演会です。
今回は東南アジア、とくにインドネシアのイスラームと在日ムスリム・コミュニティをテーマに第一線で活躍する専門家を迎えての企画です。事前登録不要・参加費無料です。

〇日     時
2018年11月24日(土)14:00-16:30

〇開 催 会 場
東北大学川内北キャンパス マルチメディア棟6F大ホール

〇主 催・共 催・後 援
主催:東北大学イスラム圏研究会/共催:東北大学大学院国際文化研究科、東北大学学際科学フロンティア研究所/後援:東北大学災害科学・安全学国際共同大学院

〇問い合わせ先
国際文化研究科アジア・アフリカ研究講座 「イスラム圏研究会」事務局 islamken2017*gmail.com (注)メールを送信する際は、*を@に置き換えて送信してください。

20181030islam academic3

キャリア講習会「私の研究生活を振り返って/自由な挑戦と自己実現」(11月14日開催)

国際文化研究科では、研究機関及び民間企業にて活躍する本研究科修了生を講師としてお迎えして、キャリア講習会を開催します。
研究職及び民間企業への就職を目指す後輩たちに向けて、石巻専修大学人間学部 助教の目黒 志帆美氏(東北大学大学院国際文化研究科博士課程修了)及び株式会社ディスコ 技術開発本部アプリケーション開発部の村松 諭氏(東北大学大学院国際文化研究科修士課程修了)より、ご自身の経験を交えたお話を伺います。
本学の全学生が対象ですので、ぜひご参加ください。

日時:平成30年11月14日(水)15:00~17:00

会場:東北大学川内北キャンパス マルチメディア教育研究棟 6階大ホール

対象:東北大学の学生

参加費: 参加費無料、申し込み不要

キャリア講習会案内(ポスター)

平成30年度「外交講座」アジアにおける日本外交

外務省から講師をお招きして、下記のとおり外交講座を開催します。

事前の申し込み等の必要はございませんので、本学学生、教職員、一般市民の皆様ぜひご参加ください。

日時:平成30年10月24日(水)15:30~17:00

タイトル:アジアにおける日本外交

講師:髙橋 直樹氏(外務省アジア大洋州局地域政策参事官室 地域政策参事官)

会場:東北大学川内北キャンパス マルチメディア教育研究棟 6階大ホール

対象定員:学生・一般の方 140名

参加費:無料

HP用181003_GSICS_f - コピー

International Relations of Uzbekistan: Political, Economic, Transport, Touristic, Cultural and Environmental Aspects

日   時:2018年10月10日(水)14:40~16:10

場   所:東北大学東北アジア研究センター4F会議室(436号室)

講   師:バフティオール・イスラモフ先生
(タシュケント国立経済大学教授、東北大学東北アジア研究センター客員教授

イベント名:International Relations of Uzbekistan: Political, Economic, Transport, Touristic, Cultural and Environmental Aspects

主催・共催:東北大学東北アジア研究センター、東北大学大学院国際文化研究科

概   要:かつてモスクワ駐在ウズベキスタン大使を務めた国際経済学者、イスラモフ先生に、ウズベキスタンと近隣諸国との国際関係や中央アジア地域協力、中国・モンゴル・日本を含む東北アジア地域との関係とその新しい展望について英語で分かりやすく解説していただきます。
皆様のご参加をお待ちしております。詳細はポスターをご参照ください

181001prof.isuramofu-1
181001prof.isuramofu-2

附属言語脳認知総合科学研究センター 第3回公開講演会「心理言語学への言い間違いの貢献、これまでとこれから」

日   時:2018年10月29日(月)14:40~16:10
場   所:東北大学 川内キャンパス 文学研究棟701教室
講   師:寺尾 康先生(静岡県立大学大学院国際関係学研究科比較文化専攻教授)
イベント名:
附属言語脳認知総合科学研究センター 第3回公開講演会「心理言語学への言い間違いの貢献、これまでとこれから」
主催・後援:主催:東北大学国際文化研究科附属言語脳認知総合科学研究センター、後援:東北大学大学院文学研究科言語学研究室
概   要:
心理言語学、言語獲得の分野をリードする研究者をお招きし、講演会を予定しております。
皆様のご参加をお待ちしております。詳細はポスターをご参照ください

poster20181001ProfTerao280,396

■問い合わせ先 応用言語研究講座Jeong Hyeonjeong  MAIL:jeong(at)tohoku.ac.jp
※メールを送信する際には,「(at)」を「@」に変換してください。

Page Top