専門研究員 目黒志帆美さんが日本比較文化学会奨励賞を受賞しました

本研究科専門研究員、目黒志帆美さんが、日本比較文化学会奨励賞を受賞しました(2015年6月13日)。この賞は、学会誌に掲載された論文「アメリカ人宣教師のフラ観—1820年代のハワイをめぐる言説とその意味—」が、その独創性および将来性において高く評価され贈られたものです。

Page Top