本研究科の藤田恭子教授が日本独文学会賞を受賞しました

本研究科多文化共生論講座の藤田恭子教授が、2016年5月、第13回日本独文学会賞(日本語研究書部門)を受賞しました。この賞は藤田教授の著書『「周縁」のドイツ語文学―ルーマニア領ブコヴィナのユダヤ系ドイツ語詩人たち―』(東北大学出版会、2014年刊)が特に優れた学術書として認められ贈られたものです。日本独文学会はドイツ語学・ドイツ文学研究の分野で日本最大の学会であり、藤田教授の業績は全国レベルの学会で高く評価されました。

受賞した書籍の案内
http://www.tups.jp/book/book.php?id=313

Page Top