仙台市との連携およびレンヌ市,レンヌ第2大学の合同訪問

2004年10月21日

東北大学大学院国際文化研究科と仙台市企画局総合政策部とは,国際交流,(ユニヴァー)シティーセールス等に関して相互協力の「覚書」を交わすこととなりました。この「覚書」は,平成16年7月の国際文化研究科教授会で承認され,このたび調印される運びとなりました。この仙台市との連携に関する記事が,平成16年10月18日付の『河北新報』の一面中央に大きく掲載されました。

(米山親能 研究科長談話)


このたび,東北大学大学院国際文化研究科と仙台市企画局総合政策部とが,国際交流,シティセールス等について相互に協力し合う旨の「覚書」を交わすことになりました。このことは,法人化後の私どもの研究科にとって,官学共同を促進する観点から大変有意義であると考えます。この「覚書」に基づいて,今後,国際文化研究科と仙台市総合政策部との協力によって,両者が国際社会においてさらに高度な役割を果たすことができるよう,具体的な協力の実をあげてゆきたいと思います。11月に予定されている両者によるレンヌ市・レンヌ大学の訪問は,その最初の成果になるものと期待されます。

『河北新報』(平成16年10月18日付)掲載の関連記事へ

Page Top