国際シンポジウム・国際共同教育ワークショップ

国際文化研究科主催による国際シンポジウム・国際共同教育ワークショップ「グローバル化する世界における日本語・日本学の研究」が、2015年1月27日、28日の両日開催されます。

GSICS Intntl Sympo Japan 2015

 国際文化研究科は、創設以来20年間、世界の地域文化、文化交流、言語文化の領域で学際的な教育と研究を行ってきましたが、近年の急速なグローバリゼーションに呼応しより高度な研究と教育の機関として2015年4月から組織改編によって生まれ変わることになりました。
 これを機に、従来から継続してきた日本語、日本文化、日本語教育の研究を研究科のひとつの柱として今後大きく発展させ、世界各国の大学・研究機関との国際連携による研究教育拠点の形成を目指します。その実現に向けて、これまで学術研究を行ってきた世界各地の大学から研究者を招いてシンポジウムを開催し、各大学との国際連携をさらに強め、世界に発信する研究教育拠点の基礎にしたいと考えています。


 

国際シンポジウム
2015年1月27日(火)10:00-17:00
場所:ガーデンシティ仙台(アエルオフィス棟21階)
テーマ:「グローバル化する世界における日本語・日本学研究」
参加大学:北京大学(中国)、中央大学(韓国)、チェラロンコーン大学(タイ)、タマサート大学(タイ)、南開大学(中国)、マラヤ大学(マレーシア)、シンガポール大学(シンガポール)、パジャジャラン大学(インドネシア)、プトラ大学(マレーシア)、ビクトリア大学(ニュージーランド)、スタンフォード大学(米国)、プリンストン大学(米国)

国際共同教育ワークショップ
2015年1月28日(水)10:00-17:00
場所:東北大学川内北キャンパス マルチメディア研究教育棟6階

平成26年度総長裁量経費支援プロジェクト「グローバル化する世界における日本語・日本学の研究拠点形成を目指す国際共同研究プロジェクト」
東北大学大学院文学研究科・東北アジア研究センター後援

Page Top