東北大学SDGsシンポジウム結果報告(2018年12月21日開催)

持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、グローバル人材の育成という観点から、日本として、政府として、あるいは大学、地域、企業、市民として何ができるか、とりわけ、東日本大震災など災害の経験も踏まえ、世界にどのような発信ができるか。2018年12月21日、河野太郎外務大臣をはじめ、最先端で活躍する講演者が仙台に集い、産学官地域のそれぞれの立場から熱い議論を繰り広げました。

詳細内容は下記のサイトをご参照下さい。
http://www.intcul.tohoku.ac.jp/g2sd/jp/2018sdgs/

Page Top