第2回 グローバルガバナンスと持続可能な開発(G2SD)ワークショップ

『リベラルな経済秩序の危機』
講師 和田洋典(青山学院大学 国際政治経済学部 准教授)

日時: 2018年7月20日(金)16:00-17:30
場所: 東北大学 川内北キャンパス 国際文化研究科 第1会議室(1階)
主催: 東北大学大学院国際文化研究科, 東北大学災害科学・安全学国際共同大学院プログラム

問い合わせ: tohoku2018@yahoo.co.jp(国際文化研究科 ワークショップ担当)

要旨:
第二次世界大戦後以来,アメリカはGATT・ブレトン・ウッズ体制を設け,G7下の政策協調を主導するなど,自由主義的な経済秩序の構築と維持に大きな役割を果たしてきた。しかし,現トランプ政権下ではそのアメリカがむしろ自ら築き上げた秩序を否定し,損なうかのような姿勢を見せている。世界はこうした状況に如何に対処すべきなのか。一帯一路,AIIB,NDBなどを推進する中国に新秩序の構築を期待すべきなのか。或いはトランプ後を待つしかないのか。今講演では国際政治経済の歴史を振り返りながら現在の危機への対処について考えてみたい。

タイトル

下記URLよりお申し込み下さい
(http://intergreen.jp/g2sd/jp/events/)

Page Top