国際文化研究科修了生アンケート(博士前期課程)2017年

このアンケートは、国際文化研究科の評価資料を作成することを目的として、国際文化研究科の修了生を対象に行うものです。個人の情報が特定できるようなデータの利用は致しません。また、データを目的外に使用することも致しません。

回答者氏名 

最終修了課程 

修了年 年 

Ⅰ.あなた自身についてお聞きします。

(1)性別 

年齢 

(2)あなたの現在の所属に至る経歴はどれに当てはまりますか 回答:

(3)職業の有無、社会人としての経験年数 回答:

経験年数 

(4)修了後の進路に対する満足度 回答:

(5)東北大学の大学院で学んだことに対する総合的満足度 回答:

Ⅱ.国際文化研究科に対するあなたの評価をお聞きします。

A.施設・設備について

(1)研究室の研究環境、施設・設備 回答:

(2)使用している院生室の施設・設備 回答:

(3)研究科の施設・設備(図書・実験室等) 回答:

(4)所属研究科以外の東北大学の施設・設備(図書・実験室等) 回答:

B.教育指導について

(5)講義科目で学んだこと 回答:

(6)実験・実習・演習科目で学んだこと 回答:

(7)指導教員の助言・援助 回答:

(8)指導教員以外の東北大学の教員の助言・援助 回答:

(9)TA/RAからの支援 回答:

(10)職員の支援 回答:

(11)海外留学制度 回答:

(12)研究科の枠を超えた教育プログラム 例)リーディング大学院、イノベーション創発塾、等 回答:

C.支援体制について

(13)学生生活を送る上で必要な、経済的支援 回答:

(14)心身共に健康な大学生活を送るための支援 回答:

(15)学修を滞りなく進めるための支援(履修相談等) 回答:

(16)進路選択プロセスにおける東北大学の支援 回答:

Ⅲ.国際文化研究科在学中のあなたの経験をお聞きします。

(1)教員の指導による共同研究への参加 回答:

(2)学外で実施される研究会等への自主的な参加 回答:

(3)先輩院生や同級生との討論・交流 回答:

(4)研究室等における後輩の指導 回答:

(5)日本語による論文執筆、研究成果の発表 回答:

(6)日本語以外の言語(例:英語)による論文執筆、研究成果の発表 回答:

(7)研究倫理について学んだ 回答:

(8)研究内容と社会や日常生活の関わりについて考えた 回答:

(9)研究内容を将来の職業キャリアに活かす方法を考えた 回答:

(10)大学等の教員になることを目指し、大学や大学教育について学んだ 回答:

Ⅳ.国際文化研究科で身につけた学修成果についてお聞きします。

A.以下の知識や能力について、あなたの認識を教えてください。

(1)幅広い教養
大学院に入学した時点からの変化 回答:
現在の自分の実力 回答:

(2)専門分野に関する知識
大学院に入学した時点からの変化 回答:
現在の自分の実力 回答:

(3)批判的に考える能力
大学院に入学した時点からの変化 回答:
現在の自分の実力 回答:

(4)リーダーシップの能力
大学院に入学した時点からの変化 回答:
現在の自分の実力 回答:

(5)他の人と協力して物事を遂行する能力
大学院に入学した時点からの変化 回答:
現在の自分の実力 回答:

(6)異文化の人々と協力する能力
大学院に入学した時点からの変化 回答:
現在の自分の実力 回答:

(7)地域社会が直面する問題に関する知識
大学院に入学した時点からの変化 回答:
現在の自分の実力 回答:

(8)国民が直面する問題に関する知識
大学院に入学した時点からの変化 回答:
現在の自分の実力 回答:

(9)文章表現の能力
大学院に入学した時点からの変化 回答:
現在の自分の実力 回答:

(10)外国語の運用能力
大学院に入学した時点からの変化 回答:
現在の自分の実力 回答:

(11)プレゼンテーションの能力
大学院に入学した時点からの変化 回答:
現在の自分の実力 回答:

(12)グローバルな問題に関する知識
大学院に入学した時点からの変化 回答:
現在の自分の実力 回答:

B.以下の3つは本研究科の教育目標です。いまのあなたは当てはまると思いますか。

(13)広い視野と専門的知識・技能に基づいて、専攻分野において独創的な研究を遂行する能力又は高度に専門的な職業に従事できる能力を有している。
回答:

(14)社会的及び学問的ニーズを踏まえつつ、高い倫理と責任をもって、社会の発展に貢献することができる。
回答:

(15)国際的視野とコミュニケーション能力を有し、それによって世界水準を目指す研究成果を発信すること、又は高度に専門的な職業に活かすことができる。
回答:

Ⅴ.国際文化研究科の教育に対する意見や要望などを自由に記入してください。

Page Top