メインメニューへ
同窓会会長挨拶(平成15年4月1日)

東北大学大学院国際文化研究科同窓会

会長 米山 親能   

 平成15年4月より、東北大学大学院国際文化研究科同窓会会則により同窓会長に就任いたしました、国際文化研究科長の米山です。平成14年11月に国際文化研究科同窓会が設立されて以来1年が経過いたしました。その間に平成15年1月には「同窓会会報」第1号が発行され、同年3月26日には第2回の同窓会総会が開催されました。国際文化研究科同窓会の活動は、人の一生にたとえていえば、まだよちよち歩きを始めたばかりだということになろうかと思います。国際文化研究科同窓会が発足したのは、国際文化研究科が設立されて10周年という節目の年でしたが、私たちの同窓会が、研究科創立10周年記念行事の一環として誕生したことは意義あることだと考えます。しかしながら、国際文化研究科は他の歴史ある研究科に比べますと全国に散った同窓生もまだ数少なく、同窓会としましても出身母体である国際文化研究科に強力な支援をするほどの力をもってはおりません。当分のあいだは母体である国際文化研究科に支えられながら同窓会活動を維持していかなくてはならないと思われます。

 東北大学は2007年に創立100周年を迎えます。現在、東北大学全学同窓会や、すでに長い歴史をもつ各学部・研究科の同窓会が、百周年記念行事の準備のために、その原動力となって活動しております。また平成15年6月26日には東京の経団連会館で東北大学と東北大学全学同窓会が共催してノーベル賞受賞者の田中耕一氏を講師に招き、東北大学講演会を開催し、大成功をおさめましたし、同年12月15日には大阪のホテルニューオータニで、21世紀COEに関連した東北大学講演会を開催するなど、東北大学の同窓会は全国的な活動を展開し、大きな社会的影響力をもっております。

 ご存じのように、平成16年4月1日からは、国立大学が法人化され、大学はこれまでとは異なって、外部資金の調達など独立した財政基盤を獲得するよう努力しなくてはなりません。このような状況のなかで、法人化後の大学と同窓会との関係は、これまでの関係とは異なったものになるものと予想されます。大学は外部資金を獲得するため、産業界や官界で活躍している有力な同窓生たちの協力を得て、民間との共同研究や産官学協同を推し進めていかなくてはなりません。その意味で大学にとって同窓会の占める位置は今後ますます重要になっていくのではないかと思われます。

 国立大学法人化という大学の激動の時代を迎えて、私たちの国際文化研究科同窓会が、近い将来、国際文化研究科の教育・研究にとって、資金的にも人的にも頼り甲斐のあるパートナーとなることを祈念して、就任の挨拶に代えさせていただきます。


同窓会設立総会のご案内(平成14(2002)年9月)

研究科創立10周年記念行事(平成14(2002)年--平成15(2003)年)